病院

課題認識

少子高齢化の進展とともに、医療・介護サービスのニーズが高まりつつあるなかで、国や地方公共団体の財政環境は厳しくなり、より効率的な医療・介護事業の推進が期待されています。国の成長戦略においては、医療・介護分野が重要な柱として位置づけられており、民間ノウハウ等を活用した医療・介護分野の事業化の推進が必要です。
一方で、医療・介護分野の担うべき役割や特性から、効率性や採算性ばかりが追求されるべきではなく、社会的弱者への対応や民間では担うことができない不採算部門への対応も必要です。
成長戦略の実現のためにも、政策的な優先度や効率的な保険財政運営、所得再配分等の観点から、地域や社会、利害関係者における合意形成の得られた医療・介護事業を推進することが不可欠です。

MRIの強み

医療・介護分野のコンサルティングは、保健・医療・介護に関する専門知識が必要であり、独自のスキルとノウハウが要求されます。また医療関連施設の設立主体が公的セクターの場合は地域住民への説明責任が求められることや、現場である医療関連施設と施設を設立・管理する公的セクターの間で意識に違いが生じる場合があります。
医療・介護分野におけるこのような特性を踏まえて、政策上の優先度や客観的データを根拠として、第三者としての中立的な立場から、お客様内部のスムーズな合意形成や意思決定を支援します。
また、医療・介護や経営管理にとどまらず、総合シンクタンクとして人事・建築・金融・情報システム・防災・エネルギーなど、あらゆる分野の知見を活かしたソリューションをご提供することが可能です。

医療・介護分野における市場調査(国内・海外)
医療・介護制度や人口動態に応じた市場動向・マーケット等を把握・分析するための調査を実施し、有望市場の分析を行います。

医療・介護事業の事業化支援
医療・介護制度に応じた事業化計画(新規事業、多角化、事業撤退等)の策定や必要な各種調査の実施、計画実現に向けた組織づくりや必要なリソースの調達をご支援します。

医療・介護施設のリニューアル支援(基本構想・基本計画策定等)
医療・介護施設のリニューアルに向けて、経営診断、ニーズ調査、施設調査(動線・耐震性等)の実施、施設整備の基本構想・基本計画(導入機能・設備、収支計画、人員計画、イメージ図等)の策定をご支援し、組織内部や外部(周辺地域等)におえる合意形成を支援します。

医療・介護事業の組織見直し・事業再編支援(統廃合・再編、独立行政法人化等)
効率的な運営を目指すため組織形態の見直しや事業再編について、契約文書の作成から組織内での合意形成など、フェーズに応じたアドバイザリーサービスをご提供いたします。

情報システムの計画策定・導入支援
医療・介護施設内の情報システム、地域での連携を実現・支援するための情報システム等について、ニーズ調査から計画策定、さらに調達までをご支援します。

内部統制強化コンサルティング
違法行為や不正等につながる業務上のリスクの洗い出しと、その対策の具体化により、内部統制の強化を支援します。

物理セキュリティ・コンサルティング
企業の資産や機密情報を狙った犯罪行為やテロ行為に対する脅威が増大しています。また、多大な風評被害を伴う内部犯罪も発生しています。昨今の社会情勢の下での企業へのダメージの大きさを勘案すれば、物理セキュリティ(防犯)対策は、経営レベルの重要課題になってきています。

市民病院再整備基本方針作成等支援業務
病院再整備に伴う基本計画の策定、経営状況分析、現状の施設利用状況の調査、および新棟の基本コンセプト、フロア・ブロックプランの策定を行いました。

国立病院の独立行政法人化支援
国立病院の独立行政法人化推進に際して、会計制度・経営管理制度の変更に応じた各種シミュレーションの実施、個別病院のトップから現場職員までを対象とした研修育成業務を実施しました。

県立がんセンター総合整備・運営事業に係るPFIアドバイザリー業務
県立がんセンター整備に伴う基本構想、基本計画の策定及び、PFI導入にかかる要求水準書、モニタリング仕様書の作成および、プロジェクト全体のアドバイザリー業務を行いました

市立新病院建設計画策定支援
市の統合に伴う、新病院策定に関する、立地選定、基本構想、基本計画策定ならびに、両市のステークホルダー間の合意形成の策定支援を行いました。

市民病院情報システム基本計画及び選定支援
情報システムの新規導入にあたり、システム計画の策定、院内の合意形成支援、調達支援までを行いました。


関連するマンスリーレビュー

関連するコラム・レポート

お問い合わせ窓口

お電話はこちら
TEL: 03-6705-6300
FAX: 03-5157-2165

ページトップへ戻る