ITマネジメント

課題認識

経営環境のダイナミックな変化に俊敏に対応し、厳しい競争を勝ち抜くためのシステム基盤作りがIT部門に問われている一方、その投資に必要なIT予算は増加を望めないのが現状です。
そこで、現状かかっているITコストの構造を明らかにし、高止まりの真因を明確にした上で長期にわたるIT投資の最適化を図る必要があります。特にITコストの6割を占めるといわれる開発保守業務を見直して創出した余力(時間・人・金)を、新しいビジネスやサービスを素早く生み出すための戦略的なIT投資に回すためのITマネジメントが求められています。

MRIの強み

官公庁やメガバンクグループでの対応実績を軸に蓄積されたノウハウや先進事例を組み合わせて付加価値の高いサービスを提供します。IT資産とITコストの現状を分析し、開発余力を創出する「IT資産の可視化」サービスは、全ての施策実現の起点となるサービスであり、50社以上に導入実績のあるアプリ可視化ツールを活用することで、生産性向上だけではなく、開発保守作業の属人化排除・人財育成と品質向上(均質化)も合わせて実現します。


関連するマンスリーレビュー

お問い合わせ窓口

お電話はこちら
TEL: 03-6705-6300
FAX: 03-5157-2165

ページトップへ戻る