オペレーション(調達・生産・販売)

課題認識

社会のグローバル化・情報化がもたらす不連続な事業環境変化に対応するためには、経営戦略の柔軟性が求められます。オペレーションにおいても、経営戦略変更に対応して俊敏に効果的・効率的なプロセスに組み替えていけるかが決め手となってきます。しかし、現実には経営の意思が十分現場に伝わらないままに、従来型の延長での部分的最適化にとどまってしまうケースが少なくありません。一方では、業務プロセスがトップダウン型のみでデザインされ、現場力と齟齬をきたす例もみられます。

MRIの強み

当社は総合シンクタンクの強みを生かし、市場や政策の市場環境変化を見据えつつ、経営の方向性をはっきり定めたうえで、現場の改革につなげていきます。一方では、調査力に裏打ちされた「現場の強みの可視化」を組み合わせることで、戦略とオペレーションが一貫性を持って進むような改革支援を行います。
プロジェクト事例は、調達、販売、保守から間接業務まで多岐に渡ります。お客様それぞれの状況を的確に理解したアドバイザー・伴走者として、革新活動完了までの長期にわたる支援事例も増えています。


関連するマンスリーレビュー

お問い合わせ窓口

お電話はこちら
TEL: 03-6705-6300
FAX: 03-5157-2165

ページトップへ戻る