運輸

課題認識

少子高齢化や国際化、若者の車離れなどのライフスタイルの変化が進展する状況において、交通事業をとりまく環境は大きく変化してきました。それにより、航空分野では羽田空港の国際化やLCC路線拡大に伴う運賃競争、建設が進む整備新幹線との競合等が、幹線鉄道分野では収益最大化を目指すためのレベニューマネジメントが課題となっています。都市鉄道分野では沿線価値向上をキーワードとした鉄道・非鉄道を総合したビジネスモデルへの転換や、施設老朽化に伴うアセットマネジメントに加え技術職員の高齢化に伴う業務プロセスの見直しなど、長期的に持続可能な業務体制への転換が課題となってきました。
一方、地方では鉄道・バスサービスの縮小撤退が社会問題となっています。

MRIの強み

当社は、鉄道・航空事業に関する長期需要予測や経営計画の策定、運輸サービス改善や沿線価値向上、アセットマネジメント等に関するノウハウと幅広い実績を有しています。また、空港など運輸インフラの運営権売却に関する事業コンサルティングを行っています。地域交通サービスの維持・改善策についても、国土交通省の「地域公共交通確保維持改善事業」を支援するなど、現在の運輸産業が抱える課題を十分理解し、解決策を提示する優れた問題解決力を備えています。


関連するマンスリーレビュー

お問い合わせ窓口

お電話はこちら
TEL: 03-6705-6300
FAX: 03-5157-2165

ページトップへ戻る