大学

課題認識

知識基盤社会化の進展や高等教育のグローバル化を背景として、大学のあり様は世界的に大きく変化しつつあります。特に、わが国においては18歳人口減少を契機とした大学のユニバーサル化とあいまって、「学生を選ぶ大学」と「学生に選ばれる大学」の差が顕著になり、自大学の教育研究水準の向上と安定的な収益基盤の確立に向けた取り組みが不可欠となっております。また、外部監査や点検評価等を通じ、情報公開や責任説明の高度化が求められるようになっています。このような状況においては、「教育研究の拠点」としての視点に加え、継続的に教育研究水準や学生の就業状況を維持・発展しうる経営体としての視点から、従来の慣行にとらわれることのない大学経営改革が求められています。

MRIの強み

弊社は科学技術・高等教育政策に関する調査研究、経営面から研究・教育面に亘る幅広い大学コンサルティング、R&D型民間企業の経営コンサルティングにおいて数多くの実績があり、これらの実績を通じて、先進的な経営事例、産官学にまたがる有識者との強力なネットワークを有しています。これらにもとづき、大学という「組織体」および「経済社会システム」の制度や運用実態の理解したうえで、長期的・国際的視点、大学外部の第三者の視点を踏まえた俯瞰的・客観的かつ、実効性の高い課題解決策を提供しています

大学様向けサービス弊社紹介サイト
http://www.univinfo.jp/

教育・研究サービスの高品質化・差別化の実現
継続的に教育研究水準を維持・発展しうる経営体としての視点から必要となる、学内改革の推進を支援します。また、データや分析結果にもとづき、教育・研究サービスの高品質化・差別化の実現を支援します。

経営の効率化・高度化、教職員の生産性向上、学内合意形成の支援
学内運営データの所在、効果的な収集方法等をご提案します。また、データや分析結果にもとづき、教職員の生産性向上、学内合意形成のための会議などを支援します。

安定的な収益源の維持・拡大のための施策立案
教学支援体制、研究開発支援体制等の効率化、適切なアウトソーシング等を通じて、教学・事務のバランスのとれた連携体制の構築を支援します。また、各種の料金収受、退学の予防、関係収入の多様化・極大化のための施策をデータや分析結果にもとづきご提案します。

広告効果改善(ROAS)コンサルティング
対象の商品やサービスについて、「何を、誰に伝えるか」という本質的な部分を深掘りすることで、広告宣伝の効果(ROAS:Return On Advertising Spend) を大幅に高めます。

大学の将来像構築に向けた大学力検証とビジョン策定
研究・教育、国際化、学生支援などの観点から「大学力」を定義・検証し、現時点でのポジションを明確化し、外部環境と大学の強み(弱み)を元に15年後に達成すべき大学の将来像を策定しました。

新学部設置に向けた調査・コンサルティング
潜在入学者となる高校生、想定就職先となる企業等への調査を通じ、新学部のコンセプト設計を支援し、そのコンセプトにもとづき、学内教員とのディスカッションを通じて合意形成を図りながら教育プログラム案を策定しました。

研究および特許・技術動向からみた大学のポテンシャル評価
論文・学会発表・特許DBを用いた計量文献学的な手法を用いて、他大学と比較して現在優位にある研究分野や、今後同大学にとって有望な研究分野について分析し、今後の研究分野戦略に関する提案を行いました。


関連するマンスリーレビュー

お問い合わせ窓口

お電話はこちら
TEL: 03-6705-6300
FAX: 03-5157-2165

ページトップへ戻る