構想力・研究開発力の強化

三菱総合研究所にとって、大きな視野で社会課題を捉え、実効性ある解決策や事業を創造する「研究開発力・構想力」は、総合シンクタンクの強みの基礎であると同時に、「Think & Act」事業の起点に位置します。
「研究開発力・構想力」を磨き、高め、そしてそれを活かして社会課題解決へ貢献すること、が当社の研究・開発の目指すところになります。

1.研究開発バリューチェーン構築

研究開発を全社的に進めるために「研究開発委員会」を設置し、横断的に研究開発の運用・実践を進めています。
「研究開発委員会」は、社会課題の俯瞰と設定を行い具体的な未来社会(=社会モデル)を構想する「未来社会構想研究部会」、研究成果を社会に提言する「未来提言研究部会」、課題解決策を事業として構想する「事業構想研究部会」の3研究部会で構成しています。これにより、社会潮流・課題俯瞰から事業構想・実装までの研究開発バリューチェーンの骨格を形作っています。
これらはいずれも、知識・経験豊富な研究理事がリードする形で、各事業部門・本部の研究員が参加・協働し、さまざまな専門的知見、内外のネットワークを融合させながら、当社ならではの構想力・研究開発力の強化と実践に努めています。

2.研究理事体制-構想力・研究開発力強化と事業共創をリードする研究理事

豊富な学識・経験と幅広いネットワークを有する研究理事が、当社グループの研究開発活動はもとより、外部と連携したオープンな研究、当社グループの事業展開を指導・サポートしています。
理事長小宮山宏(東京大学第28代総長)のもと、質・量ともに大幅な体制強化を図りました。

~理事長・副理事長・研究理事~

理事長    小宮山 宏
副理事長   本多 均
常務研究理事 村上 清明
常務研究理事 森 義博
常務研究理事 大石 善啓
研究理事   亀井 信一

3.研究開発部門-全社横断で、政策・経済・社会・技術動向研究とプラチナ社会、オープンイノベーションを推進

構想力・研究開発力強化を使命とし、研究理事と緊密に連携し、全社・グループおよび社外との共同研究・開発活動を推進しています。
長期社会潮流・課題の分析やマクロ経済、先端技術動向の研究を通じて、社会課題の優先順位設定や定点観測を行うとともに、AIなど新技術の応用などグループ事業に共通の技術開発を進めています。
また、社外連携、プラットフォーム活動として、これまでも「プラチナ社会」「レガシー共創」などの構想・研究を進めてきましたが、2017年から新たに「未来共創イノベーションネットワーク」をスタートさせました。「革新技術を活用し、オープンイノベーションによって社会課題をビジネスで解決する」を目指して、社内外協働・共創活動を推進しています。

研究開発推進体制

研究開発推進体制

ページトップへ戻る