沿革

1970年
5月(株)三菱総合研究所(MRI)設立
資本金5億円
10月(株)技術経済情報センター(現MRIビジネス(株))を設立
1971年
4月大阪支所(現 西日本営業本部)を開設
12月電子計算機IBM/S370モデル165を導入
1979年
5月本社を東京都千代田区大手町に移転
1980年
6月スーパー・コンピュータ CRAY-1を導入
1981年
4月名古屋事務所を開設
1984年
5月(株)システム21(現MRIリサーチアソシエイツ(株))を設立
1987年
8月MRIキャリアスタッフ(株)(現(株)MDビジネスパートナー)を設立
1989年
12月スーパー・コンピュータ CRAY Y-MPを導入
1990年
10月第三者割当増資を実施、資本金33.4億円
2002年
12月ISO9001(品質マネジメント規格)、ISO14001(環境マネジメントシステム規格)の認証取得
2003年
1月プライバシーマークの認定付与
2005年
3月株主割当増資を実施、資本金49.5億円
ダイヤモンドコンピューターサービス(株)(現三菱総研DCS(株))に資本参加、連結対象会社とする
4月(株)東京三菱銀行(現(株)三菱東京UFJ銀行)との業務提携を開始
9月第三者割当増資を実施、資本金53.0億円
2006年
1月三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)に資本参加、コンサルティング及びITソリューション事業強化、拡大のため、(株)三菱東京UFJ銀行、ダイヤモンドコンピューターサービス(株)(現三菱総研DCS(株))、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)4社による業務提携を開始
2009年
6月三菱総研DCS(株)、三菱電機インフォメーションシステムズ(株)との共同出資により、MRIバリューコンサルティング(株)(現MRIバリューコンサルティング・アンド・ソリューションズ(株))を設立
9月東京証券取引所市場第二部に株式を上場、資本金63億円
2010年
9月東京証券取引所市場第一部銘柄に指定
11月本社を東京都千代田区永田町に移転

ページトップへ戻る