人財開発・ワークライフバランスの取り組み

人財育成

高い志、高度な専門を有し、実践力と変化対応力を兼ね備えた、
心身ともにタフな「プロフェッショナル」を育成していきます。

新入社員研修
階層別研修
(共通基盤能力)

共通基盤となる経営理念・行動規準、コンプライアンスを身につけます。

  • ビジネス基礎
  • コミュニケーション能力
  • プロジェクト遂行能力

などを入社時研修、階層別研修を通して習得していきます。

能力開発支援制度
ローテーションプログラム
部門別スキルアップ研修
(専門能力)

事業領域に応じた高度な業務知識の習得及び能力開発を行います。

  • 在職しながらの社会人大学院通学
  • 資格取得
  • 語学研修 などを支援します。

選抜・推薦による社員の社外派遣制度もあります。

階層別研修(マネジャー)
(マネジメント能力)

指導的役割を担う人材を育成します。会社経営方針に基づき、組織・事業をリードし、若手を指導する組織マネージャーを育成します。

キャリア形成支援

上長とのコミュニケーションを通して、本人の志向・組織の目標はお互いに共有します。
また、社員自身のキャリア形成を下記の制度を通して支援します。

  • 自己申告制度
  • キャリア相談窓口
  • 社内公募制度
  • キャリアデザイン研修

ダイバーシティの推進、女性活躍

当社では、「多彩な個性による総合力の発揮」の経営理念のもと、性別、年齢などを問わず、多彩な社員が働きやすい制度・就業 環境の整備を進めるとともに、シニア、障がい者、外国人の採用を進めています。
その中でも、「女性の活躍推進」については、全社横断の推進チームにより提案のあったさまざまな施策への取り組みの結果、当社は、2016年8月30日に「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づき、厚生労働大臣から女性の活躍推進に関する優良な企業として認定され、認定マーク「えるぼし」の最高位を取得いたしました。 今後も、さらなる取り組みを進めて参ります。
ダイバーシティの推進、女性活躍

ワーク・ライフ・バランスの取り組み

当社では、男女・国籍を問わず働きやすい職場環境を整備することを基本方針としています。
仕事と家庭の調和を図り、相乗作用による好循環を狙いとして、子供が満9歳の4月末日を迎えるまでの育児勤務制度、制度利用者による情報交換会、出産・育児ハンドブック作成、在宅勤務制度など、仕事と家庭の両立のための制度を世の中に先駆けて整備、運用してきました。育児休職制度・育児勤務制度は対象となる女性社員はほぼ100%が利用し、男性社員の利用も増加しています。
また、少子高齢化への対応として、第2子以降誕生時に育児支援金(最高100万円)を支給するなどの一連の取り組みが認められ、「次世代育成支援対策推進法に基づく基準適合一般事業主」として東京労働局長の認定を受けるとともに、厚生労働省認定のくるみんマークも取得しています。

Page top