サイバーセキュリティ

課題認識

社会基盤や政府機関、企業経営、製造ライン等の重要インフラの管理制御システムへのサイバー攻撃が頻発し、企業や官公庁業務だけではなく社会システム全体を揺るがす脅威が顕在化しており、早急な対策が求められています。特に、インターネットの普及とともに、従来のようにファイヤーウォール等の中で守ることを中心とした情報セキュリティでは不十分であり、対策立案・実施のためには外部と繋がるネットワーク技術に関する豊富な知識が必要不可欠です。
これらの技術知識に基づいて、政府や企業の対応策を再整備する必要性が高まっており、従来の情報システム部門中心の体制から、意思決定レベルと直結した体制への変革と、末端まで着実に行動させるための運用技術の構築が急務となっています。

MRIの強み

MRIでは、インターネット技術分野でのノウハウや人脈を豊富に蓄積してきており、従来型情報セキュリティと統合した、サイバーセキュリティ総合対策をご支援する事が可能です。
特に、政府系事業としてのサイバーセキュリティ演習実施や技術研究組合の立ち上げ運営等により、重要インフラシステムベンダーやセキュリティソリューション保有企業との連携も強固となっており、これまでの技術者、研究者、内外通信事業者等との関係を含めて総合体制を組むことができる強みを持っています。

サイバーセキュリティ演習
意思決定レベルから担当者や現場までを対象に、サイバー攻撃を模擬的に体験しながら、実際の対応手順の確認と体制等のチェック等を行えるような演習について、その設計、環境整備、実施、評価を行います。

ICT-BCP策定
政府や自治体の様々なICTシステムの技術や運用面での状況をチェックし、最適なBCP策定を行います。また、システムや運用体制の新たなご提案や、段階的な再整備計画の策定も行います。

端技術に係る研究開発支援
サイバーセキュリティ対応に必要な技術は刻々と進化を求められており、産官学一体で研究開発を進めていく必要がありますが、そのコーディネータとして実際の推進役および事業評価等をご支援します。

技術研究組合制御システムセキュリティセンター構築運用
重要インフラへのサイバー攻撃に対し、産官学一体で対応策を検証し普及させていくための公法人を設立して自ら体制の中核を担い、主要企業や専門研究機関をコーディネートすることにより、対応策の実運用を支援しています。

重要インフラの分野横断的演習
内閣官房主催の重要インフラの組織横断的なサイバーセキュリティ演習を実施しています。弊社施設を活用した演習環境の提供を行い、関係府省のご担当者にお集まりいただき、合宿形式の演習を行っています。

インシデント分析機能を備えたサイバーセキュリティテストベッド研究開発
実際のサイバー攻撃を受けながら、そのインシデント分析を同時に行える機能を実装したテストベッドの研究・構築について、必要な技術の統合や新規開発を含めて総合的に支援しています。


関連するマンスリーレビュー

お問い合わせ窓口

お電話はこちら
TEL: 03-6705-6300
FAX: 03-5157-2165

ページトップへ戻る