人材開発

課題認識

産業競争力を強化するため、各種分野でのイノベーションを促進する政策が推進されています。科学技術をめぐるグローバル競争が激化するなか、ビジネスにおけるイノベーションを絶え間なく起こしていくためには、それに適した人材が必要不可欠です。先端技術や次世代社会へのイノベーションを担う人材開発と人材育成(初中等から高等教育、生涯教育に至るまで)の方策が求められています。

MRIの強み

当社は「技術経営(MOT)人材等の中核人材の育成支援プロジェクト」など人材開発に関わる調査・研究、制度設計、科学技術振興分野の政策立案・評価、コンサルティング、システム化に多数の実績があります。
実施にあたっては、総合監理技術、アンケート・ヒアリング等による調査分析、インストラクショナルデザイン手法、コンピテンシー分析手法、評価・資格システム手法などを活用してお客様が求めるソリューションを提案します。

人材育成、科学技術振興、産業活性化分野の調査・研究
イノベーション人材育成、科学技術振興、産業活性化分野等における政策立案を支援します。また、人材育成・教育の専門家である研究員が独自のノウハウを生かしたコンサルティングを行います。

イノベーション人材育成に関わる政策立案支援
イノベーション人材育成、科学技術振興、産業活性化分野等における政策立案を支援します。

教育改革の総合的推進に関する調査研究

文部科学省が推進する教育改革上の重点課題に関する調査研究を実施しています。これまで、「教育振興に係る計画等に対する評価手法の調査」「教育投資の費用対効果分析の手法に係る調査」「教育の総合的効果に関する定量的分析」「第2期教育振興基本計画の分析に係る調査」などを行いました。

学力調査を活用した専門的な課題分析に関する調査研究

全国学力・学習状況調査を活用した教育改革や、学力調査に係る制度等の改善に関する調査研究を実施しています。これまで、「PISA上位国・地域の教育制度・教育施策の調査」「家庭状況が学力や学習意欲に与える要因の分析」「理科の学力の規定要因の分析」「学力調査結果の結果公表手法やデータベース構築に関する調査」などを行っています。

専修学校教育の質の向上に係る調査研究/事業支援

専修学校(専門課程)の認定制度である「職業実践専門課程」の実態調査や、学校関係者評価および情報公開の手引書の作成、実践的教育手法(デュアル教育)のガイドライン作成などを通じ、職業教育システムの高度化を支援しています。

産業人材育成に向けた教育/研修プログラムの開発・導入支援

産業界等で求められる人材の育成に向け、人材ニーズ調査、教育プログラム実態調査、スキルスタンダードの開発、教育/研修プログラムの開発・運営、人材評価/流通システムの検討など、設計から開発・運営まで一貫して支援しています。これまで、MOT人材、製造現場リーダー、GIS人材、自治体CIO、地方創生人材等の育成を支援してきました。

プログラミング教育に関する事業支援

次期学習指導要領で導入が予定されるプログラミング教育について、その実態を調査するとともに、プログラミング教育事業者と学校が連携して実施する実証授業を支援しました。

日本型教育の海外展開推進事業

日本型教育の海外展開の推進に向け、官民協働のプラットフォームを構築・運営しています。また、海外展開のモデルとなるパイロット事業への支援、国別分科会や国際フォーラムを実施し、親日層の拡大、教育機関の国際化、経済成長への貢献を推進しています。

途上国/新興国における高等教育設立/産業人材育成に係る調査

途上国/新興国から高い期待が寄せられる教育・人材育成分野の国際協力について、国際協力機構(JICA)の情報収集・基礎調査、外務省や経済産業省からの委託調査などを実施しています。これらを通じて、ASEAN工学系高等教育ネットワークの構築、トルコやエジプトにおける高等教育機関の設置検討、タイ・ラオス・フィリピン・マレーシアにおける産業人材育成支援などに取り組んできました。

大学の教学改革・国際化・経営改革に関する調査・コンサルティング

大学では、教育の質の継続的改革と厳しい事業環境における経営刷新が求められています。ビジョン/中長期計画の策定支援、学部/学科の新設/再編支援、IRによる教学改革、国際化支援、国の競争資金の企画提案支援などに取り組んでいます。


関連するマンスリーレビュー

お問い合わせ窓口

お電話はこちら
TEL: 03-6705-6300
FAX: 03-5157-2165

ページトップへ戻る