社会インフラ海外展開

課題認識

新興国・途上国では、急速な経済発展に伴い、社会インフラシステム(資源・エネルギー、交通網、港湾設備、上下水道等)整備の需要が高まっています。先進諸国等では、需要に応えるだけでなく、これらが各国の成長エンジンとなるよう、社会インフラシステムの輸出に積極的に取り組んでいます。日本企業も国内での経験、実績を踏まえ、社会インフラシステム市場に参入してきましたが、国際的な競争は熾烈を極めており、これまで十分な成果を挙げられていない状況にあります。

MRIの強み

当社は、過去40年にわたって、課題設定からその解決を図る企画を全体構想した上で、日本の制度・政策設計、事業やシステムの構築・運用支援や社会課題解決のためのソリューション提供に従事し、さまざまな社会課題解決の知見を蓄積してきました。これら総合シンクタンクの経験や知見を、海外現地の社会課題解決に活かし、社会インフラシステム整備推進やそのための政策・制度の立案に寄与できると考えています。
当社は、日本企業が有する世界トップ水準のシーズ(技術、商品・サービス)と海外現地のニーズをつなぐインテグレータとして、政策・制度を起点に企業の皆さまの海外での社会インフラシステム整備事業の展開を支援します。

インフラプロジェクトに関するフィージビリティスタディの実施

鉄道、電力、再生可能エネルギー、省エネルギー、上下水道など、社会インフラシステムの輸出に関するプロジェクトのフィージビリティスタディを実施します。必要に応じて、外部の専門コンサルタントと連携し、詳細な技術的検討や事業費積算も行います。

コンソーシアムの形成支援

社会インフラシステム輸出では、競争力を有する複数の事業者によるコンソーシアム形成が成功の鍵となります。当社では、官民および相手国との豊富なネットワークを活用し、それぞれの案件に最適なコンソーシアムの形成を支援します。

ODA案件の形成支援・実施促進・監督管理

被支援国の社会課題の解決に向けて、現地政府との政策対話等を通じたODA案件の形成を支援するとともに、政策・制度の設計・導入・運用の実施促進、政策・制度を支えるインフラシステムの監督管理を行います。

システムアシュアランスコンサルティング

システムアシュアランス(SA)は、規制や顧客が要求するシステム運用時の安全性、信頼性を合理的に示すための設計アプローチです。当社では、SAに基づいて航空、鉄道(RAMS)、スマートコミュニティ等の社会インフラ分野で、進出先で必要となる許認可・認証取得にかかるコンサルティングを行っています。

インフラ整備プロジェクトの事業計画書の策定、フィージビリティスタディ

鉄道などのインフラ整備プロジェクトで、相手国の制度・市場調査、需要予測、事業計画書の策定、事業費の積算に加えて、事業スキームの詳細検討、リスク分析、資金調達方式の検討等を含むフィージビリティスタディを行っています。

途上国での社会ICTシステムの整備・導入支援

途上国では、行政手続の多くが手作業で行われ、経済発展の足かせとなっている例がみられます。当社は、銀行間取引を円滑に行うための中央銀行決済システムや、船舶・荷物の増加に迅速に対応するための電子データによる入出港管理システムなど、途上国での社会ICTシステムの整備・導入を支援しています。

途上国での省エネルギー機器融資制度の構築・導入支援

都市部の人口増加が著しい途上国では、旺盛なエネルギー需要に電力供給が追いつかないため、省エネルギー機器を普及させてエネルギー消費を抑制することが求められています。当社は、現地の金融機関を通じて機器の購入資金を融資する制度の構築・導入を支援しています。また制度運用の円滑化に向けた実施促進コンサルティングもあわせて実施しています。

アセットマネジメントの国際規格(ISO55000s)の認証取得支援・コンサルティング

ISO55000sの認証取得を目指す官公庁や民間企業のお客様に対して、アセットマネジメント(AM)にかかる現行業務の確認、国際規格が要求する事項とのギャップ分析、認証取得に不可欠な実施事項をとりまとめたAMマニュアルの作成など、認証取得に向けた各種支援・コンサルティングを行っています。


関連するマンスリーレビュー

お問い合わせ窓口

お電話はこちら
TEL: 03-6705-6300
FAX: 03-5157-2165

ページトップへ戻る