政策立案・計画策定

課題認識

少子高齢化の進展などを背景にわが国は人口減少社会に突入し、これまでの各種の政策の基調であった人口増に伴う成長が描けなくなりました。高度経済成長期や安定成長期には、主として欧米へのキャッチアップを目標として政策立案や計画策定を行ってきましたが、人口減少・高齢化の進展の中で安定成長を維持するというかつて無い社会環境変化の中でさまざまな政策を考える必要があります。このため、今後のわが国にとって有効な政策を立案し計画を策定していくためには、国内外の政策を参考にするだけでなく、わが国特有の状況や条件を勘案し、さまざまな関係利害者との調整を経りながら難しい課題を解決していく必要があります。

MRIの強み

MRIは、さまざまな官公庁から調査研究業務を長年受託しており、幅広い分野の政策に精通しています。また、実効的な政策を立案するためには、学識者、関連する業界や団体などとの調整が必要になりますが、MRIが有する多様なネットワークを活用することで、これらの調整も円滑に行うことが出来ます。 これらの特長を活かして、MRIはさまざまな分野の政策立案や計画策定のご支援をしています。


関連するマンスリーレビュー

お問い合わせ窓口

お電話はこちら
TEL: 03-6705-6300
FAX: 03-5157-2165

ページトップへ戻る