調査・分析

課題認識

超高齢化の進展、ICTによる社会の変革、経済のグローバル化など、近年の我が国を取り巻く社会経済環境は大きく変化しています。このため、多くの政策課題や企業の抱える経営課題はより複雑化・高度化してきており、これらを解決するためには、体系的・科学的な調査分析結果に基づいて解決策の検討を行う必要性が一段と高まっています。
また、近年のICTの発達によってさまざまな事象がデータ化されるとともに、コンピュータの処理能力が飛躍的に高まっていることにより、従来は分析不可能な事象や行動も分析可能になっています。
加えて、国民や株主に対する説明責任がこれまで以上に重くなってきていることから、政策や企業戦略を決定するプロセスについても高い客観性が求められるようになってきました。

MRIの強み

MRIは、設立以来40年以上にわたり、社会科学と自然科学の双方のさまざまな分野の専門家を集め、その数は600名以上にのぼっています。このため、昨今の複雑化する諸課題に対して、さまざまな分野で培われたアプローチを適用し、問題解決のための調査・分析を実行します。例えば、遺伝子工学の理論を金融工学に適用したり、マーケティング理論を公共事業に適用したりすることもあります。
このように、科学的なアプローチを異分野に適用したり定量的に分析することは、当社の大きな特徴の1つです。


関連するマンスリーレビュー

お問い合わせ窓口

お電話はこちら
TEL: 03-6705-6300
FAX: 03-5157-2165

ページトップへ戻る