交通・物流

課題認識

わが国では、高齢化の進展と地方財政の逼迫などにより、日々の移動に支障をきたす人々が増加しています。そのため、公共交通ネットワークの見直しと新たなモビリティシステムの整備等が重要な課題となっています。自動車交通についても、より安全で環境負荷の少ない車両の普及が進む一方で、高齢者の交通事故の増加や渋滞問題、物流の効率化など解決すべき課題はまだ多く存在しています。
これらの課題への対応として、新たな公共交通システムや高齢者向けのパーソナルモビリティの検討、ITS技術を活用した自動運転技術の検討などが進められています。また、こうした新しい技術の中には海外に展開することで世界の課題解決に資する技術も多く存在します。

MRIの強み

当社は、交通関連統計・情報などのデータ解析を得意とし、道路、鉄道、空港関連の交通・物流システムの計画・評価に多くの実績があります。特に、空港や幹線鉄道に対する需要予測・費用便益分析について科学的な計算モデルを活用しています。
ITSに関しては、国内外の政策・技術・ビジネスに関する豊富な情報と分析力を有し、自動車、情報通信などの技術に立脚した新規事業開発のコンサルティングに多くの実績があります。特に、ETCを含めた路車間・車車間通信、カーナビや安全運転支援のための高精度デジタル道路地図、運転支援や自動運転に関する技術、テレマティクス、プローブデータや交通情報基盤等の研究開発を主導してきました。

空港・高速鉄道事業計画策定支援サービス
空港や新幹線などの高速鉄道の事業計画を策定する上で必要となる、需要予測や費用便益分析、整備後に期待される経済波及効果などの基礎データの算定、これに基づく事業計画策定を支援します。

交通関連ビッグデータ解析サービス
プローブデータや自動車の車両情報等、様々な情報ソースから得られる情報を統合集約化し、ビックデータ解析により、安全で環境に優しい運転スタイルや走行経路の診断や走行コスト削減策の提案等を実施します。

IT・ITS新規ビジネスコンサルティング
ITSをはじめとするIT関連技術、通信関連技術に関する技術調査や市場調査、さらには関連制度・周辺環境整備なども踏まえた新規事業実現のための戦略コンサルティングや事業推進支援を行います。

交通関連ビジネス海外展開コンサルティング
海外市場での新たな事業展開を検討する上で、各国の社会・経済状況を踏まえた進出有望市域の選定や、競合分析、リスク分析、事業採算性の検討を行い、事業を円滑に展開するためのアクションプラン作成等を支援します。

都市における新たな交通手段の導入可能性の検討

自動車依存が著しい地方都市において、利用者の移動利便性を確保しつつ、環境負荷を軽減するための新たな交通手段(カーシェアリング、ライドシェア等)について、需要面、運営面から、導入のための条件を明らかにしました。

空港経営改革等に対応した航空需要分析手法検討

空港経営改革やコンセッションがもたらす影響と効果を定量的に分析するためのツールとして、従来の航空需要分析モデルに、航空会社の収支分析モデル、空港経営会社の財務影響評価モデルを連結させた拡張型の航空需要分析モデルを開発しました。

労働力不足を緩和する物流効率化検討

ドライバー不足により、荷主が貨物車両を手配できない(貨物が輸送できない)事態が発生しています。このような状況を改善するため、貨物と車両のマッチング(需給のマッチング)に係る取り組みを提案し、荷主のコンソーシアムにおいて実現に向けた合意形成を行いました。

新たな航空交通管制情報処理システムの企画立案・設計

今後増大する航空交通量の予測や、国際間で計画されている新たな運用、技術開発が進む航空技術の動向等を踏まえ、5~15年後に求められる航空交通管制情報処理システムのコンセプトを立案し、機能、性能、システムアーキテクチャの設計を行いました。

テレマティクス事業展開支援

テレマティクスサービス(自動車がネットワークと常時接続することにより実現する各種サービス)の事業推進に向け、戦略検討、事業性評価、企画・広報・販売・アフターサポート等、全般にわたるプロジェクトマネジメントを行いました。

3次元高精度地図仕様の策定支援

自動運転向けの3次元高精度地図であるダイナミックマップの具体化へ向けて、地図更新技術の開発や標準仕様策定、国際標準化提案を支援し、試作地図の生成・評価などを行いました。


関連するマンスリーレビュー

お問い合わせ窓口

お電話はこちら
TEL: 03-6705-6300
FAX: 03-5157-2165

ページトップへ戻る