数字で見る三菱総研

グループの歴史・概要

MRIの設立のきっかけ

MRIは三菱創業100年の記念事業として、日本にシンクタンク機能を導入し、情報化社会をリードすることを目的として設立されました。

MRIの設立

1970年設立のMRIは、日本のシンクタンクとして40年以上の長い歴史を持っています。

MRIの研究員数

MRIが誇る最大の資産は幅広い分野をカバーする豊富な頭脳。総合シンクタンクとして、常にプロフェッショナル人財の発掘と育成に努めています。

MRIの年間プロジェクト件数

MRIでは官公庁や民間企業の課題解決のため年間約1,800件のプロジェクトを行っています。

グループ企業の数

MRIの子会社は12社。グループ各社が一丸となって未来共創を推進しています。

グループ全従業員数

当社グループの従業員数は約3,800人。基盤・業務・アウトソーシングなど、さまざまなニーズに対応できるIT技術者も擁しています。

給与人事サービス受託数

三菱総研DCSが提供する給与人事サービス「PROSRV(プロサーブ)」は高いご評価をいただき、約2,000事業所50万人の方々にご利用いただいています。

中学・高校インターネット出願システム

インターネットを使って、入学を志望する私立中学や私立高校などの入学試験に出願ができるシステムです。
従来の紙の入学願書は不要で、受験料支払いもオンラインで済ませる事が可能です。

グループの業績・財務

連結売上高

2017年9月期は、官公庁および金融・カード向け案件が伸び、前期比2.9%の増収となりました。

経常利益伸び率

2017年9月期の経常利益は、ITサービスにおける増収などにより、増益となりました。

ROE

2017年9月期の自己資本当期純利益率は、増益の効果により、前期比0.5ポイント上昇しました。

自己資本比率

自己資本比率は50%を超え、健全な財務体質を維持しています。

  • *掲載している指標は2017年9月期の数値を元に計算しています。