IRポリシー

■情報開示の基本方針

三菱総研グループでは、株主・投資家の皆様をはじめとするあらゆるステークホルダーに対し、適時、適正、公正かつ公平に重要情報の開示を行います。また、当社グループを広く社会に理解していただくために有効と思われる情報についても、積極的な情報開示を行います。

■情報開示の基本原則

当社グループでは、重要情報を開示するに当たり、以下の原則を遵守します。

1. 適時性
情報の開示は、重要情報が発生した後、適時かつ遅延なく行います。

2. 適正性
情報の開示は、事実に即して適正に行います。

3. 公正性
情報の開示は、重要情報が当社にとって有利か不利かを問わず、
取引所の適時開示関係規則を遵守して行います。

4. 公平性
情報の開示は、株主や投資家等の利害関係者に対して平等に行います。

■情報開示の方法

当社グループでは、東京証券取引所の適時開示規則が定める重要事実に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システムを通じて行います。
規則等に該当しない情報についても、投資判断に影響を及ぼすと思われる情報は、適宜、適切な方法で速やかに開示致します。

■沈黙期間

当社グループでは、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算(四半期決算を含む)期日の翌日から決算発表までの期間を沈黙期間としています。この期間は、決算に関連するコメント、ご質問等への回答は控えさせていただきます。ただし、沈黙期間中に業績予想が大きく変動する見込みが明らかになった場合には、東京証券取引所の適時開示規則に従い、適宜情報開示を行います。

■業績予想および将来の見通しについて

当社グループでは、開示している情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、現時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでいます。したがって、実際に公表される業績等はこれら種々の要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。

ページトップへ戻る