川崎市、掛川市の協力を得て、 住民対話型AIによる問い合わせ対応サービスの実証実験を開始

三菱総合研究所
2016.09.06

プレスリリース

株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大森京太、以下「MRI」)は、川崎市、掛川市の協力を得て、住民対話型人工知能(AI)による問い合わせ対応サービス「AIスタッフ」(仮称)の実証実験を本日から開始します。

■住民対話型AIによる問い合わせ対応サービスのねらい

近年、多様化する住民ニーズに応えるため、行政制度の頻繁な創設・改正などが行われ、その結果、行政制度は複雑になり、住民から見てわかりにくくなっています。一方、多くの自治体では、財政難から職員の増員による住民サービスの向上は難しく、退職するベテラン職員のノウハウ継承なども課題となっています。MRIでは、これらの課題解決にはAI・ロボット技術の活用が有効と考えています。AI・ロボットを活用した行政支援サービスを提供することで、今まで以上にきめ細かくタイムリーな行政サービスを、行政職員の負担を増やすことなく、むしろ効率化して提供することが可能です。まずは住民と行政の接点であり、新たな行政サービスを実感でき、職員の業務効率化効果も期待できる子育て分野の問い合わせ対応業務から実証実験を開始いたします。
MRIでは、今回の実証実験の成果をもとに、2017年4月を目処に本格サービス化を検討します。サービスは多くの自治体にクラウド型で提供することで、できるだけ安価にする予定です。また、問い合わせデータを蓄積・活用することで、データに基づく政策決定など、行政の高度化を目指します。加えて、行政窓口でのロボット活用の可能性なども検討していきます。

■実証実験の概要

  • 実証実験期間:2016年9月6日(火)~ 9月30日(金)
  • ご協力いただく自治体:川崎市、掛川市
    (両市以外にも、関心のある自治体職員に利用していただき、意見・要望などを伺います。)
  • 実証実験期間中に、市民、自治体職員に利用していただき、アンケートおよびヒアリングでご意見を伺い、サービスに対するニーズや要望などを把握して今後の事業化検討の参考とします。また、AIの回答に対する満足度をもとに調整を行い、回答の精度を高めます。
  • 実証実験は、両市の協力のもと、株式会社アスコエパートナーズ、イナゴ株式会社と共同で行います。

図1 「AIスタッフ」(仮称)の実証実験図 AIスタッフ(仮称)実証実験

【参考】

お問い合わせ先

株式会社三菱総合研究所
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号

【内容に関するお問い合わせ】
社会ICT事業本部 担当:村上、小泉、富永
電話:03-6705-5664 ファクシミリ:03-5157-2156 メール:ai-info-ml@mri.co.jp

【取材に関するお問い合わせ】
広報部 上岡、瀬戸口、渋谷
電話:03-6705-6000 ファクシミリ:03-5157-2169 メール:media@mri.co.jp


ページトップへ戻る