三菱総研×京都大学EDGEプログラム(GTEP)事務局 関西イノベーションセミナー
~世界が注目する“スタートアップ国家”イスラエルにおけるイノベーション創出~

三菱総合研究所
2016.11.08

■開催日
2016年11月18日(金)13:30~16:00(開場13:15)

■会場
梅田阪急ビルオフィスタワー26階 会議室②③ [会場アクセス]
(大阪市北区角田町8番1号)

■主催
株式会社三菱総合研究所

■共催
京都大学EDGEプログラム(GTEP)事務局

■概要
国内市場の成長が停滞していくことが予想される中、日本企業はグローバル競争に出ていかざるをえなくなってきています。グローバル競争を勝ち抜くために、先んじて新市場を創出するイノベーションの必要性が高まっています。

日本企業では、国内外のベンチャー企業などと連携してイノベーションを推進するなどの取り組みが活発化しています。これまで日本企業はシリコンバレーなどのベンチャー企業との連携が中心でしたが、近年世界が注目する“スタートアップ国家”イスラエルのベンチャー企業との連携がライフサイエンス、IoT関連分野などで増えつつあります。イスラエルにとって、関西は日本の中でも注目している地域の一つで、今年イスラエル大使館経済部は大阪市に事務所を開設しました。

本セミナーでは、イスラエルにおけるイノベーション創出と日本企業との連携の現状について、イスラエルで実際にベンチャー企業を立ち上げられた寺田彼日氏(Aniwo Co.,Ltd.,CEO)にご紹介頂き、さらに関西企業との関わりの今後についてご議論いただきます。 また、本セミナー共催者であります、京都大学EDGEプログラム(GTEP:Global Technology Entrepreneurship Program)事務局から椙山泰生教授(京都大学経営管理大学院)を迎え、起業エコシステム概論、多数の企業から参加されている起業家育成プログラム、GTEPの取り組みと、今年9月にGTEP海外起業研修で訪問したイスラエルの研修結果をご紹介頂きます。

  • *イノベーションを起動・推進できる人材の必要性が現代社会でますます強く認識されてきているなか、京都大学では、文部科学省グローバルアントレプレナー育成促進事業(EDGEプログラム)の助成を受けて、講義と実践を組み合わせた起業家育成プログラム(GTEP:Global Technology Entrepreneurship Program)を通じてイノベーションの核となる人材を育成します。
プログラム
【1】日本・関西のイノベーション創出の現状と課題
【2】京都大学のイノベーション創出教育の取り組み
~起業エコシステム概論、シリコンバレーとイスラエルとの関係、GTEPの取り組みの紹介、GTEP海外起業研修(イスラエル訪問)報告~
【3】イスラエルにおけるイノベーション創出と日本企業との連携について
【4】パネルディスカッション 「“イノベーション創出の場”としての関西」
 【講演者】
Aniwo Co., Ltd. CEO 寺田彼日 氏
京都大学 経営管理大学院 教授 椙山泰生 氏
三菱総合研究所 経営コンサルティング本部 藤本敦也
※ 各講演の内容は、多少変更となることがございますが、予めご了承下さい。
申込要領
対象者 経営企画部門、新事業開発部門、研究・技術企画部門、研究開発部門の方々(マネージャー級以上)
定 員 50名
参加費 無料
申込方法 本セミナーは終了しました。
参加証 お申込みいただいた方には、開催前にお申込み時に登録されたメールアドレスに「参加証」をお送りしますので、当日会場へご持参下さい。
お問い合わせ先

株式会社三菱総合研究所
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号
セミナー事務局 (担当成瀬、石田、本田、岩波)
電話:03-6705-6091 メール:seminar221-ml@mri.co.jp


ページトップへ戻る