今後の日ASEAN関係の展望
※本セミナーは報道関係者のみご参加いただけます

三菱総合研究所
2017.07.14

■配布資料
資料の閲覧にはパスワードが必要です。
パスワードをご存じでない報道関係者は、【こちら】よりご登録をお願いいたします。ご登録後、パスワードをお知らせいたします。

  1. ※パスワード画面が表示されない場合は、右クリックして当ファイルをコンピューターに保存の上、ご覧ください。

■開催日
2017年7月25日(火)11:30~12:30(開場 11:15)

■会場
株式会社三菱総合研究所 4階 大会議室 [会場地図]
(東京都千代田区永田町二丁目10番3号 受付:地下1階)

■概要
本年8月8日、東南アジア諸国連合(ASEAN)は、創設50周年を迎えます。 この50年間、ASEAN加盟各国は急速な経済成長を遂げ、先進国入りを国家目標とする国も出現しています。これまでの日本とASEANとの関係から一歩進み、未来志向の新たな関係について改めて考える時期が到来していると思われます。

弊社では、「課題先進国日本」だからこそ可能な、ASEAN諸国の経済発展や社会課題の解決に資する政策や制度の構築支援に係る業務に数多く従事してきました。

今回の意見交換会では、その経験を踏まえ、これまでの日本とASEANとの関係を概観するとともに、今後の日ASEAN関係のあり方について、記者の皆さまと認識を共有させていただきたいと思います。当日は、弊社が昨年度実施した自主研究「ASEAN未来像」の成果の一部もご紹介させて頂きます。

ぜひともご参加いただきたく、ご案内いたします。

プログラム
11:30~12:00 プレゼンテーション
海外事業推進センター 主席研究員 林保順(リム ポースーン)
科学・安全事業本部 産業イノベーション戦略グループ 研究員 ディン ミンフン

  1. ASEANの歴史と特徴(共同体及び加盟各国)
  2. これまでの日本とASEANとの関係
  3. 今後の日ASEAN関係のあり方
12:00~12:30 質疑応答
お問い合わせ先

株式会社三菱総合研究所 広報部
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号
電話:03-6705-6000 メール:media@mri.co.jp


ページトップへ戻る