サービス産業における人材不足をいかにして解決するか~人口減少下に求められる企業経営の視点~
※本セミナーは報道関係者のみご参加いただけます

三菱総合研究所
2017.08.21

■配布資料
資料の閲覧にはパスワードが必要です。
パスワードをご存じでない報道関係者は、【こちら】よりご登録をお願いいたします。ご登録後、パスワードをお知らせいたします。

  1. ※パスワード画面が表示されない場合は、右クリックして当ファイルをコンピューターに保存の上、ご覧ください。

■開催日
2017年8月28日(月)11:30~12:30(開場 11:15)

■会場
株式会社三菱総合研究所 4階 大会議室 [会場地図]
(東京都千代田区永田町二丁目10番3号 受付:地下1階)

■概要
有効求人倍率は上昇を続けています。2017年6月には正社員の有効求人倍率がついに1倍を超え、ますます人手不足が進んでいます。特に、飲食業、運輸業など、労働集約型の側面があるサービス業の中には、人材不足が事業継続の制約になるほど深刻化した企業も見られるようになってきました。

この傾向は一時的な現象というより、人口減少社会下における構造的な背景に起因すると思われることから、対症療法ではなく、中長期的な視野に立った戦略の構築と遂行が求められます。

今回のメディア意見交換会では、サービス業の企業が人材不足の現状を踏まえ、いかなる経営の視点を持って事業を進めるべきかについて、データ等を示しつつ話題を提供します。

ぜひともご参加いただきたく、ご案内いたします。

プログラム
11:30~12:00

プレゼンテーション

プラチナ社会センター 主任研究員 奥村隆一

ヘルスケア・ウェルネス事業本部
ヘルスケア・ウェルネス産業グループ 主任研究員 宮下友海


  1. サービス産業の現状
  2. 人材活用における課題
  3. 企業経営の視点
  4. 行政支援の方向性
12:00~12:30 質疑応答
お問い合わせ先

株式会社三菱総合研究所 広報部
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号
電話:03-6705-6000 メール:media@mri.co.jp


ページトップへ戻る