日本発の宇宙資源ビジネスのバリューチェーン構築
※本セミナーは報道関係者のみご参加いただけます

三菱総合研究所
2017.12.05

■配布資料
資料の閲覧にはパスワードが必要です。
パスワードをご存じでない報道関係者は、【こちら】よりご登録をお願いいたします。ご登録後、パスワードをお知らせいたします。

  1. ※パスワード画面が表示されない場合は、右クリックして当ファイルをコンピューターに保存の上、ご覧ください。

■開催日
2017年12月12日(火)11:30~12:30(開場 11:15)

■会場
株式会社三菱総合研究所 4階 大会議室 [会場地図]
(東京都千代田区永田町二丁目10番3号 受付:地下1階)

■概要
月、および月の近傍空間(Cis-Lunar空間)、そして火星へと向かう宇宙開発は、中長期的に発展が見込まれる「未来」市場として、国内外での動きが活発になりつつあります。中でも宇宙資源ビジネスへの注目が急速に高まっています。

宇宙資源ビジネスとは、月、火星、小惑星といった天体上の物質を使うビジネスであり、レアメタルなどの希少金属や水などが対象です。当初は地球へのリターンを目的としたビジネスに多くの関心が集まっていましたが、最近では、経済合理性の観点から宇宙空間で貴重な資源である水を対象としたビジネスが提唱されています。

宇宙資源利用の動きに関しては、米国やルクセンブルグで関連の法律が制定されるなど欧米が先行していますが、まだ他を引き離すほど優位に立つ国は存在しない状況です。
わが国にも関連する技術を保有する企業は多く存在しています。政府と民間が一体となって早期に活動を開始し、主導的な役割を担っていくことが期待されています。

今回のメディア意見交換会では、こうした宇宙資源ビジネスに関連する国内外の最新動向をご紹介するとともに、日本発の宇宙資源ビジネスの構築を目指した動きについても解説します。

ぜひともご参加いただきたく、ご案内いたします。

プログラム
11:30~12:00 プレゼンテーション
科学・安全事業本部 フロンティア戦略グループ 主任研究員 内田敦
  1. 宇宙資源ビジネスとは
  2. 国内外の最新動向(政府、民間)
  3. 日本発の宇宙資源ビジネスの構築を目指して
12:00~12:30 質疑応答
お問い合わせ先

株式会社三菱総合研究所 広報部
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号
電話:03-6705-6000 メール:media@mri.co.jp


ページトップへ戻る