レガシー共創に向けて

社会にとって良いレガシーを生み出すためには、従来の延長で個々の組織・個人が取り組むだけではなく、能動的にオールジャパンとして検討していくことが期待されます。三菱総合研究所では、そのための共創プラットホームを提供します。

基本的視点

(1)スケジュール:意識すべき「2・4・1」

オリンピック開催に際しては「2・4・1」の教訓があると言われています。招致決定後、2年で計画、4年で整備、1年で試行し、本番を迎えるというものです。こ …続きを読む


(2)重視すべき視点:3つのBeyond

レガシー共創に向けて、あらためて重要な視点として、以下3点を提唱します。 1)Beyond 2020 未来に向けたレガシーを考えるときには、2030年 …続きを読む


レガシー共創協議会

三菱総合研究所ではレガシープランを検討し、具体的な事業・施策を創出するため、異業種・産官学の参加を呼びかけ、共創のためのプラットホームとしてレガシー共創協議会を立ち上げます。このプラットホームを通じて、全国各地で2050年までの将来を見据えつつ、2020年を中間マイルストンとして社会課題解決や夢の実現を加速し、成熟社会への転換を目指します。

お問い合わせ窓口

お電話はこちら
TEL: 03-6705-6009
FAX: 03-5512-5039

ページトップへ戻る