価値提供の考え方

Think & Act によって政策とビジネスで課題解決

社会・経済の将来を見通して、「あるべき未来社会」の実現に向けた課題解決策を構想し、その実現策としての政策立案や事業コンサルティング、ICTソリューションに取り組んでいます。さらに、産学官で連携し、解決策の実証実験や社会への導入にも深く関わっています。
「Think(構想)」にとどまらず、「Act(実践)」まで一貫して取り組む「総合力(Think & Act)」が特徴であり、Think & Act 事業を進めることで、お客さまへ価値を提供しています。

当社グループの強みは、社会課題の解決に取り組んできた原点から今日まで積み重ねてきた実績、ノウハウ、ネットワーク、そして人財にあります。事業を担う人財は多彩かつ高度なプロフェッショナルです。中でも科学・技術に強い人財の豊富さは、先進技術を活用したビジネスの開発やそれらを前提とする制度設計において、高い優位性をもつものと自負しています。

事業展開の規模・範囲・速度の向上を図るため、お客さまへの新たな提案活動とパートナーとの連携に注力しています。また、価値を高める仕組みとして、研究開発やオープンイノベーション、人財育成に取り組んでいます。

価値提供の源泉となる強みを活かし、幅広い分野での社会課題を、当社が得意とする「政策」と技術イノベーションによる「ビジネス」で解決し、お客さまやパートナーとともに未来を創り出していきます。

Think & Actによって政策とビジネスで課題解決

成長事業と基盤事業

強みが活かせる官公庁と民間にまたがる領域、新規事業が拡大している民間市場、そして海外への展開に着目し、「官民共創ソリューション事業」と「民間向け事業」「海外事業」を成長事業として、位置づけています。
基盤事業には、従来からの強みである「官公庁向け事業」と「金融機関向け事業」を位置づけ、質や効率をさらに磨き上げ、競争力を高めて、安定的な成長を図ってまいります。

「官民共創ソリューション事業」は、公共分野と民間分野をつなぐ横断領域で、コンサルティングからソリューションまで総合的なサービスを提供し、政策とビジネスで課題解決を図る事業です。政策分野での豊富な実績や知見を活かした社会制度の改革のみならず、お客さまの経営課題解決策の策定およびその実行まで取り組んでまいります。優先的に取り組む分野として、ヘルスケア・ウェルネス、環境・エネルギー、次世代インフラ、総合ICTにターゲットを定め、高い収益率を狙うストック型ビジネスの展開と、ICTソリューションまでを担うスケールアップを進めます。

「民間企業向け事業」は、働き方改革、生産性向上、データ活用、イノベーションなどの企業ニーズに対して、他社と協業し、人工知能(AI)、ロボティクス、ブロックチェーンなどの新技術を活用したサービスを提供します。

「海外事業」は、民間企業の海外展開支援に注力しています。さまざまな領域で蓄積したノウハウ、国内外におけるネットワークとパートナー連携を基盤として、日本企業の海外展開を伴走型で支援しています。

「官公庁向け事業」は、三菱総合研究所のシンクタンクの中核をなす事業です。その領域は多岐にわたっており、科学技術や政策知見に基づく総合サービスを提供しています。

「金融機関向け事業」は、メガバンクの業務、制度対応、システム開発をトータルに支援しています。このノウハウを活かして、事業の多角化も進めています。

成長事業と基盤事業

ページトップへ戻る