未来共創本部

事業概要

社会課題を幅広いステークホルダーの皆さまと、ビジネスと政策の両輪で解決

未来共創本部は、100億人・100歳時代を豊かに生きる社会の実現に向け、運営する3つのプラットフォームを通じ、社会課題をビジネスと政策の両輪で解決に導くことを目指しています。

「プラチナ社会研究会(プラチナ研)」は2010年に超高齢化社会における地域の課題解決とプラチナ社会の実現を目指し、また「未来共創イノベーションネットワーク(INCF)」は2017年にイノベーションとビジネスで社会課題を解決するエコシステム構築を目指し、それぞれ設立されました。一方「生活者市場予測システム(mif)」は2千問・3万人・10年分の国内最大級アンケートパネルとリアルな発言を収録するMROCパネルを持ち、生活者の意識や行動変化から「未来」を予測します。

プラチナ研とINCFはともに、社会課題に対して、産官学の知恵を結集し、新しい解決手法の開発を目指す取り組みであり、より多様なプレーヤーが共通の課題解決に向け行動する「コレクティブ・インパクト」を実現できるよう、2021年4月に統合いたします。組織統合を通じ、未来社会起点で、よりグローバルな課題解決を目指してまいります。

お問い合わせ先

株式会社三菱総合研究所 未来共創本部
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号
Tel:03-6858-3557
プラチナ社会研究会
未来共創イノベーションネットワーク(INCF)
生活者市場予測システム(mif)
ThinkLink
サービス・ソリューションに関するお問い合わせや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。