価値創造への戦略

三菱総研グループの強みと機会をふまえた価値創造戦略をご紹介します。

当社グループは、社会やお客様の課題解決に向けて、あるべき未来社会の姿や社会課題の解決策を研究・提言すること(A 研究・提言)から、課題解決策に関する分析・構想(B 分析・構想)、具体的な解決策の設計・実証(C 設計・実証)、解決策の実装(D 社会実装)まで幅広い領域での価値提供を進めています。

従来は、シンクタンクとしての強みを活かした「A 研究・提言」「B 分析・構想」「C 設計・実証」の3つの価値提供が中心でした。近年は、社会的な要請もふまえ、お客様やパートナーとの共創により、当社グループ自身が課題解決ビジネスの担い手となり、「D 社会実装」へと価値創造の領域を広げています。従来からの強みを活かしつつ、社会実装に踏み込むことで、あるべき未来社会の実現に向けた貢献度を高めていきます。
図 価値創造プロセス