価値創造プロセス

社会課題解決企業としてのバリューチェーンを活かし、お客さま・パートナーとともに社会実装に取り組みます。

社会課題解決企業としてのバリューチェーン

当社グループは、社会やお客さまの課題解決に向けて、あるべき未来社会像や社会課題の解決策の研究・提言、課題解決策に関する分析・構想、具体的な解決策の設計・実証、解決策の社会実装、という一貫したプロセスを有しています。

創業来のシンクタンクとしての強みを活かしつつ、当社グループ自身が課題解決ビジネスの担い手となり、お客さまやパートナーとの共創によって社会実装に取り組むことで、あるべき未来社会の実現を目指します。

中期経営計画2023では、「レジリエントで持続可能な社会~自律分散・協調~」の実現に向けて、当社グループに事業基盤があり、貢献が期待できる社会課題5分野①ヘルスケア、②人財、③エネルギー、④MaaS、⑤情報通信に重点的に取り組んでいきます。また、グループの強みを活かすことで、公共、金融、企業のDXに取り組みます。こうしたバリューチェーンの価値をより高めるため、価値創造の源泉となる「人的資本」「知的資本」「社会関係資本」の3つの資本の強化に努めます。
価値創造への戦略のイメージ