MRIRECRUITING SITE

2020 MYPAGE

お客様に真摯に向き合い、
「真のパートナー」を目指す

PERSON 09

吉澤 直人

NAOTO YOSHIZAWA

社会ICTソリューション本部

Career Path

現在の仕事内容について教えて下さい。

プロアクティブな支援で、課題解決を図る

官公庁向けのICTコンサルティングを行っています。具体的には、お客様における業務およびシステムの長期的ビジョンの策定をはじめ、業務改善の施策検討、それに伴うシステム導入を支援します。長期的ビジョンの策定では、社会動向や技術動向を取り入れた提言が求められます。そのためお客様の中長期計画との整合性を踏まえつつ、シンクタンク部門と連携してビジョンの策定を行います。システム導入支援では、お客様が実施する業者調達や進行中のプロジェクト管理を支援し、リスクや課題を早期に解決するために提案型のプロアクティブな支援を行います。

総じて私の仕事は、最新技術への取り組みや省庁間でのシステム間連携に関連する案件が多いです。直接業務に関わりない分野も含め、新しい技術や政府動向へ迅速にキャッチアップするべく、社内外からの情報収集も重要になります。

どのようなところに仕事のやりがいや難しさを感じますか。

真摯な姿勢で、信頼関係を築く

プロジェクトを進める中で構築されていくお客様との「一体感」に、この仕事の醍醐味を感じます。お客様の中には、関連する業務・分野に長い間携わっている方もいらっしゃいます。そのような方々と対等にコミュニケーションを取るためには、自ら日々勉強し、知識を蓄えていく必要があり、その部分にこの仕事の厳しさを感じます。それでも常に真摯な姿勢で、仕事に、そしてお客様に向き合い、お客様以上に成功を強く思うことで次第に信頼関係が構築されていくと考えています。その結果、プロジェクトをより良い方向へ進められたときに大きな達成感を覚えます。

また業務改善に関する取り組みでは、関係者の数が非常に多いため、時には利害が反発し、調整が難航する場合もあります。プロジェクトを円滑に進めるために、どのような段取りで進めていくかを見極めることが難しいところであり、コンサルタントとしての腕の見せ所でもあると考えています。

三菱総合研究所に入社を決めた理由は何ですか。

学ぶ環境に身を置き、多様な技術領域に触れたい

深い専門性と幅広い技術に関われる会社だと考えたからです。前職は外資系ソフトウェア会社で製品導入コンサルタントとして働いていました。特定の技術的な専門領域を深められる環境に満足はしていましたが、次第に自社製品に限らず、俯瞰的・中立的なソリューション提案を行い、また多様な技術領域に触れていきたいと思い始め、転職を考えるようになりました。

転職先を考えるにあたり、コンサルタントとして成長できる環境があることを重要視しました。三菱総研は長期的なキャリアを意識した人事制度があり、部門を越えた勉強会や講演会なども実施しています。だからこそ“社員が学ぶ”ことに対して積極的であり、かつ幅広い技術に関われる会社だと思い、入社を決意しました。これらの認識は、入社後も変わっていません。

入社後に良い意味で想定外だったのは、勉強会や知識の共有を、社員一人ひとりが心から楽しみ、強い向上心を持って実施していることです。そのような社員とともに過ごす中で、改めて学ぶ楽しさを知ることができました。

三菱総合研究所の企業価値を、どのような点で感じますか。

社会動向を踏まえた長期的な視点

シンクタンクとしての視点をもったコンサルティング会社である点です。三菱総研は、官民のコンサルティングに加え、シンクタンクとしての調査研究も大きな事業となっています。現在私は官公庁のICTコンサルティングに携わっていますが、シンクタンク部門が実施する調査結果をインプットすることで、目先の利益や短期的効果ではなく、社会動向を踏まえた長期的な視点によるコンサルティングや提案をお客様に提供できます。その部分こそ、三菱総研の大きな強みであると考えます。

また、社会課題起点の業務を多く行っているためか、分野・フェーズ問わず、仕事の裏にある社会の課題や発展を考えるマインドを持った社員が多いです。そのような社員とプロジェクトをともにできることは、お客様にとっても、そして社会にとっても意義のあることではないかと思います。

今後どのような仕事に挑戦したいですか。

「真のパートナー」となるために

お客様にとっての「真のパートナー」になることです。目標であると同時にもっとも大切にしているマインドでもあります。そのためには仕事に真摯に向き合い、その積み重ねによってお客様から厚い信頼を得る必要があります。同時にプロジェクト管理能力や知識、提案力において、お客様の考える一歩先をいかなければなりません。

三菱総研では、若手の段階から責任ある仕事を任せてもらえる機会が非常に多いです。また周囲には仕事の面でも人間性の面でも尊敬できる先輩・後輩が多く、自らの目標を追い求めるモチベーションになっています。これからも一つひとつの経験を大事にして、少しでも理想に近づけるよう努力していきたいです。

仕事での主な1日の流れを、具体的に教えて下さい。

One day Schedule

Off Scene

趣味/オフの過ごし方を教えて下さい。

家族サービス半分、趣味半分というイメージです。趣味はテニスをはじめ自転車、写真撮影、温泉などさまざまです。広く手を出すタイプであり、傾向としては外へ出かけることが好きなようです(笑)。自転車は、他の趣味とも親和性が高く、自転車+写真撮影+温泉を目的として、休日に一日かけて自転車で出かけたりもしています。休日の運動は平日の仕事との頭の切り替えもできるため、意識して習慣化しています。