研究員紹介

山口 健太郎

山口 健太郎

やまぐち けんたろう

スマート・リージョン本部先進都市インフラグループ

業務実績

  • 地方強靭化BCP(仮称)に関する実態調査(内閣官房国土強靱化推進室)
  • 広域的地域間共助(地域資源を相互補完した広域連携)に向けた調査(国土交通省)
  • 静岡県第4次地震被害想定調査(静岡県)
  • 食品防御に関する研究の支援(公立大学)
  • 地域における大学ニーズに関する調査研究(国立大学) 

社外活動実績

  • 社会技術研究会 事務局/論文集編集委員
  • 文部科学省 リスクコミュニケーションのモデル形成事業推進会議 委員(2014年)
  • 文部科学省 リスクコミュニケーションのモデル形成事業評価会議 委員(2014年)
  • 科学技術振興機構 リスクコミュニケーションの先行事例に関する調査アドバイザー委員会 委員(2014年)
  • 鳥取大学 地(知)の拠点(COC)整備事業外部評価委員会 委員(2014年)
  • 文部科学省 科学技術・学術審議会 研究計画・評価分科会 安全・安心科学技術及び社会連携委員会 委員(2013年~)
  • 文部科学省 科学技術・学術審議会 研究計画・評価分科会 安全・安心科学技術及び社会連携委員会 リスクコミュニケーションの推進方策に関する検討作業部会 委員(2013年)
  • 鳥取大学工学部 公共政策論 ゲスト講師(2014、2015年)
  • 常葉大学社会環境学部 先端環境防災研究 ゲスト講師(2014、2015年)
  • 熊本大学大学院自然科学研究科 社会環境工学特別セミナー ゲスト講師(2013年) 

情報発信活動実績

講演・セミナー

  • 地域コミュニティに貢献する大学に対する期待 -Center of Community(COC)構想に絡めて- (2013年10月、鳥取大学)
  • 大学の地域貢献事業:地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)の最新動向(2012年11月、熊本大学)
  • 「食品防御・フードディフェンスの考え方」について(2012年10月、SGSジャパン労務コンプライアンス・フードディフェンスセミナー)
  • 政策の実践と土木計画学研究との連結の強化に向けて(2012年6月、第45回土木計画学会スペシャルセッション/地方自治体の政策形成と土木計画学)
  • より効果的な高齢運転者の交通事故対策/交通事故による社会的損失費用の推計について(2012年2月、日本交通政策研究会)
  • 最新のフードディフェンスについて(2010年10月、水産会社) 

論文

  • Yoshiyuki Kanagawa, Manabu Akahane, Atsushi Hasegawa, Kentaro Yamaguchi, Kazuo Onitake, Satoshi Takaya, Shigeki Yamamoto, Tomoaki Imamura:Developing a National Food Defense Guideline Based on a Vulnerability Assessment of Intentional Food Contamination in Japanese Food Factories Using the CARVER+Shock Vulnerability Assessment Tool,Foodborne Pathogens and Disease, December 2014, 11(12): 953-959.
  • 神奈川・赤羽・今村・長谷川・山口・鬼武・高谷・山本:食品汚染防止に関するチェックリストを基礎とした食品汚染防止のためのガイドラインの検討,日本公衆衛生雑誌, 第61巻, 第2号, pp.100-109, 2014.
  • 山中・山口・古明地:満足・不満の形成構造に着目した道路利用者意識の構造分析,高速道路と自動車,第50巻第8号,2007.
  • 山口・村山・堀井:問題解決の設計手法に関する検討—防災投資報告制度の提案を通じて—,社会技術論文集,Vol. 4,2006.
  • 中谷・堀井・村山・山口:リスク特性とリスクガバナンス構造の類型化及び関係分析の試み,社会技術論文集,Vol. 3,2005.
  • 山口・白戸・堀井:社会問題解決策の立案に資する分野横断的な知識活用手法の検討,社会技術論文集,Vol. 3,2005.
  • 山口・八巻・白戸・堀井:社会問題解決策の設計と実装に資する多元的評価手法の提案,社会技術論文集,Vol. 2,2004.
  • 社会環境変化と交通の長期展望に関する検討会(根本・太田・中村・味水・佐々木・山中・山口):定性的手法による社会環境と交通に関する将来予測の試み -有識者アンケート調査による将来シナリオ-,高速道路と自動車,第47巻第8号,2004.8.
  • 山口・船戸・藤代・堀井:社会問題の解決に資する事実の明示化手法の構築,社会技術論文集,Vol. 1,2003.
  • 山口・船戸・藤代・堀井:コーンツリー技術を活用した社会問題構造の把握と解決策の発想, 第31回可視化情報シンポジウム講演論文集,Vol.23 suppl. No.1,2003.
  • 山口・多々納・岡田:リスク認知のバイアスが最適土地利用状態の実現可能性に及ぼす影響に関する分析, 平成12年度第55回年次学術講演会, 2000.
  • 山口・多々納・岡田:リスク認知のバイアスが災害危険度情報の提供効果に与える影響に関する分析, 土木計画学研究・論文集 No.17, 2000. 

出版物著作

  • 食品防御の考え方とその進め方~よくわかるフードディフェンス~(分担、2015年、日本食品衛生協会)
  • 食品不信社会 なぜ企業はリスクコミュニケーションに失敗するのか(分担、2008年、中央法規出版)
  • 食品テロにどう備えるか?食品防御の今とチェックリスト(分担、2008年、コープ出版)
  • 総合防災学への道(分担、2006年、京都大学学術出版会)
  • 安全安心のための社会技術(分担、2006年、東大出版会)
  • Modeling Spatial and Economic Impacts of Disasters(分担、2004年、Splinger) 

その他

  • 平成20年度優良業務等表彰「ロジックモデル作成による地域住宅施策のアウトカム評価に関する検討業務」(国土交通省国土技術政策総合研究所)(今野・尾花・山口・早川)
  • 2008年道路と交通論文賞(財団法人高速道路調査会)「満足・不満の形成構造に着目した道路利用者意識の構造分析」(山中・山口・古明地) 

執筆コラム・レポート

調査・コンサルティング・ソリューションサービスや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。