研究員紹介

中塚 史紀

中塚 史紀

なかつか しき

サステナビリティ本部脱炭素ソリューショングループ

官公庁、電力業界のお客さまを中心に、気候変動対策・政策の在り方検討や各種政策が電源構成や電力価格に与える影響等の評価・分析を行っています。シミュレーションモデルを活用した定量分析を得意としており、論理的かつ理解しやすい成果物を作成するよう心がけています。

得意とする分野

  • カーボンプライシング施策のあり方検討・導入時の影響評価
  • 環境価値・非化石価値の制度動向・価格見通し
  • 電力分野を中心とした気候変動関連政策の検討

主な業務実績

  • 国内排出量取引制度調査・検討事業
  • カーボンプライシングが電力部門に与える影響分析
  • 先進対策の効率的実施による二酸化炭素排出量大幅削減事業(ASSET事業)に係る制度運営支援
  • 工場・事業場における先導的な脱炭素化取組推進事業(SHIFT事業)に係る制度運営支援
  • 再生可能エネルギー導入拡大方策検討調査
  • 電力部門の低炭素化施策の在り方検討事業
  • 環境価値(非化石価値)の価格見通し調査
  • RE100参加、SBT認定の検討支援

主な情報発信実績

講演・セミナー

  • エネルギー政策の展望と再エネ環境価値の見通し(2019年7月、【三菱総研セミナー】「再エネ長期安定電源化」を展望する)
調査・コンサルティング・ソリューションサービスや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。