研究員紹介

井上 剛

井上 剛

いのうえ つよし

セーフティ&インダストリー本部リスクマネジメントグループ

気象災害や気候変動などの社会的な課題に対して、定量的なアプローチにより対応策を示していきたいと考えております。

得意とする分野

  • 自然災害・気候変動のリスク評価
  • モデリング・シミュレーション
  • 統計解析、機械学習

主な業務実績

  • 平成30、31年度 大型実験施設を活用した性能評価の標準化推進検討業務(防災科学技術研究所)
  • 令和2年度 東日本大震災における地域環境創生研究に関する時空間アーカイブ構築業務(国立環境研究所)
  • 平成27、28年度 アジア太平洋地域等における適応計画策定プロセス・事業実施に関するケーススタディの作成及び普及のための調査等実施業務(環境省)
  • 飲食業界における商品開発の自動化に関するモデル構築(民間企業)

主な社外活動実績

学会活動

  •  気象学会、人工知能学会

主な情報発信活動実績

講演・セミナー

  • SEIRモデルを用いた感染シミュレーションと経済影響の評価(2020年11月、日本リアルオプション学会)

論文

  • Estimating regional climate change uncertainty in Japan at the end of the 21st century with mixture distribution(共著、2017年、Hydrological Research Letters)
  • 都市の集約化効果を加味した分散型エネルギーの低炭素効果分析手法開発と地方都市への適用(共著、2017年、土木学会論文集 G(環境))
  • 津波と高潮の同時発生確率に関する一考察(主著、2013年、土木学会論文集 B3 (海洋開発))

その他

執筆コラム・レポート

調査・コンサルティング・ソリューションサービスや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。