研究員紹介

藤瀬 哲朗

藤瀬 哲朗

ふじせ てつろう

セーフティ&インダストリー本部イノベーション戦略グループ

安全社会のための技術研究には、例えば「新エネルギー利用」では「装置・プラント」ではなく「新エネルギーを使う社会」、例えば「高速鉄道の導入」では「高速鉄道技術」ではなく「高速鉄道の導入による新規雇用創出できる社会」に持ち上げ、さまざまな観点からモデル化するような、システムシンキングが重要な手段と考えます。

得意とする分野

  • 高性能計算分野
  • ソフトウェア&システム工学分野(つながるシステム、ソフトウェア信頼性、組込みシステム、組込み&IT人材育成を含む)
  • 研究開発事業支援

主な業務実績

  • 廃炉・汚染水対策事業事務局
  • 国プロ事業管理法人支援
  • 自動走行に関するソフトウェアスキル標準策定調査
  • IoT産業保安高度化検討
  • デジタルミュージアムの研究

主な社外活動実績

学会活動

  • 情報処理学会 論文誌デジタルプラクティス編集委員会 副委員長

委員会委員

  • 情報処理技術者試験 試験委員

主な情報発信活動実績

論文

  • 特集 俊敏さを実現する新しい情報システム開発(共同編集、2016年7月、情報処理学会)
  • 特集 IoTシステムと組込み技術(共同編集、2017年7月、情報処理学会)
  • 特集 オープンデータを活用した新しい社会(共同編集、2018年1月、情報処理学会)
  • 特集 DX時代のスキル標準と人材育成(共同編集、2020年1月、情報処理学会)
  • 特集 DXを推進する俊敏なシステム開発・運用(共同編集、2020年4月、情報処理学会)
  • 自動走行ソフトウェアスキル標準の策定(共著招待論文、2020年1月、情報処理学会)

出版物著作

  • 高信頼化ソフトウェアのための開発手法ガイドブック 予防と検証の事例を中心に(共著、2011年3月、IPA)
調査・コンサルティング・ソリューションサービスや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。