研究員紹介

義澤 宣明

博士(工学)

義澤 宣明

よしざわ のぶあき

セーフティ&インダストリー本部リスクマネジメントグループ

原子力から食品安全分野まで、広く科学・技術のリスクやリスクコミュニケーションに係る課題解決の支援を担当しています。定量的な調査分析および定性的な調査分析の双方を利用した分析の経験が豊富です。

得意とする分野

  • リスクコミュニケーション分野
  • 原子力・放射線安全分野
  • 原子力安全規制分野
  • 科学リスク社会学分野
  • 安全・技術政策支援分野

主な業務実績

  • 福島復興支援
  • 福島原子力発電所事故に伴う被ばく線量評価の再構築
  • 放射線に関するリスクコミュニケーション
  • 原子力規制に関する調査支援
  • 民間企業向け安全文化コンサルティング 

主な社外活動実績

学会活動

  • 日本原子力学会 会員
  • 日本リスク学会 会員
  • 日本放射線影響学会 会員
  • 科学社会学会 会員

委員会委員

  • 放射線の利用と生体影響第195委員会 運営委員

主な情報発信活動実績

寄稿

  • 書評「原子力発電と地域資源」(2020年12月、エネルギーレビュー)
  • 「2020年に向けて福島復興の理解が重要」(2018年8月、エネルギーレビュー)
  • 第68回福島後の未来:福島の風評払拭で期待される男性とシニア世代の働きかけ(2018年4月10日、エコノミスト)

出版物著作

  • 「原発利用の議論をめぐる活発化と原子力政策の再構築へ」(2018年11月、日刊工業「原子力年鑑2019」)

執筆コラム・レポート

調査・コンサルティング・ソリューションサービスや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。