研究員紹介

田野中 新

田野中 新

たのなか しん

サステナビリティ本部分散型エネルギーソリューショングループ

水資源を中心とする社会インフラ分野のお客さまを中心に、事業の持続性、新規事業検討の支援を担当しています。お客さまのケイパビリティ、抱える課題、想定する市場動向をもと、顧客価値創出を重視した実行可能なソリューション提案をモットーとしています。

得意とする分野

  • 水処理産業分野の市場分析
  • 新規事業創出、実行のための戦略立案
  • 新規事業アイデア創出のためのワークショップ運営

主な業務実績

  • 下水道インフラの海外展開支援
  • 下水道分野における異業種連携検討業務
  • 環境産業におけるIoT導入に関する調査
  • 水道分野におけるCPS/IoT導入方策検討
  • 再エネ(中小水力発電)の開発促進調査
  • 自治体・地域金融機関への再エネ研修

主な社外活動実績

大学講師

  • 一橋大学大学院 社会学研究科 非常勤講師

主な情報発信活動実績

講演・セミナー

  • 社会インフラ<水道分野>におけるCPS/IoT活用について(2018年2月、造水シンポジウム2017)
  • 水道分野におけるCPS/IoT導入の意義、社会実装に向けて(2018年2月、インターアクア2018)

出版物著作

執筆コラム・レポート

調査・コンサルティング・ソリューションサービスや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。