研究員紹介

永村 知之

特命リーダー

永村 知之

ながむら ともゆき

サステナビリティ本部環境イノベーショングループ

官公庁のお客さまを中心に、フロン、運輸部門の省エネルギー等地球温暖化対策に関する調査、政策立案、制度の運用支援等を実施しています。また民間のお客さまに対して市場や規制動向調査、将来推計等も実施しています。最近は周囲の環境変化も大きく、お客さまの抱える課題も多様になっている中、課題解決に最も効果的・効率的に近づける方法を提案いたします。

得意とする分野

  • フロン分野の調査・政策立案
  • 温室効果ガス排出量の評価
  • バイオ燃料に関する調査・政策立案
  • 物流分野の省エネルギーに関する調査・政策立案

主な業務実績

  • 冷媒フロン類の排出抑制方策調査
  • 地球温暖化対策推進法の制度検討調査
  • 温室効果ガス排出量評価支援
  • バイオ燃料の政策・市場動向調査

主な社外活動実績

委員会委員

研究評価委員会「セルロース系エタノール生産システム総合開発実証事業」(事後評価)分科会委員(2020~) 

主な情報発信活動実績

寄稿

  • 冷蔵倉庫のノンフロン化と省エネルギー(2017年11月、エネルギー・資源学会誌 Vol.38 No.6)
  • エネルギー供給構造高度化法とLCA(2017年10月、LCA学会誌 Vol.13 No.4)

執筆コラム・レポート

調査・コンサルティング・ソリューションサービスや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。