研究員紹介

大橋 毅夫

大橋 毅夫

おおはし たけお

ヘルスケア&ウェルネス本部ヘルスケア・ウェルネス産業グループ

業務実績

  • 厚生労働科学研究における戦略研究の進捗状況に係る調査と今後の方向性についての調査分析業務
  • 「東京都がん検診推進サポーター事業」に係る運営業務委託
  • がん罹患率の将来予測に関する調査
  • 住宅の断熱性能向上がもたらすNEBの指標化
  • 「生活習慣病予防のための宿泊を伴う効果的な保健指導プログラムの開発に関する研究」支援業務
  • 地域保健における保健師活動の動向及び体制に関する研究
  • ヘルスケア分野の基盤的調査
  • 情報・健康等分野の未来技術動向調査
  • 福祉用具・介護ロボットの実用化支援にかかわる実態等の調査事業
  • 訪問介護サービスにおける短時間の身体介護の提供状況に関する調査研究事業
  • 政策オプション作成に資する社会的・経済的影響分析手法の試行
  • 業務上疾病に関する医学的知見の収集に係る調査研究
  • 諸外国における医療労働者の適正な労働条件等に関する調査研究
  • 食品中に残留する農薬等の試験法に関する調査事業
  • 社会科学的意思決定手法を活用した食品由来寄生虫のリスク評価支援業務
  • 海外の食肉や内臓肉の生食実態に関する基礎的情報の収集支援業務
  • 諸外国における食品添加物の規制等に関する調査
  • 食中毒原因微生物の評価モデルに関する調査
  • 食品中に残留する農薬等の規制状況等に関する調査事業
  • 肉用牛農場における腸管出血性大腸菌及びカンピロバクタ ー低減技術の開発
  • 食用動物由来薬剤耐性菌の定量的リスク評価モデル確立に関する研究
  • 短期暴露評価に係る幼小児等の食品摂取量調査の手法に関する検討
  • 航空路管制処理システム/空港管制処理システム システム設計
  • 航空管制官の新しい要員配置基準に関する調査 

社外活動実績

  • 人間中心設計推進機構認定 人間中心設計専門家
  • 日本公衆衛生学会 会員
  • 人間中心設計推進機構 HCDアウォード表彰委員会 委員 

情報発信活動実績

講演・セミナー

  • レセプトデータに基づく糖尿病患者の病態遷移モデルの開発、及び政策オプションの作成(2014年11月、日本公衆衛生学会総会) 

寄稿

  • 「健康経営」は生産性も向上 働き方改革推進の一助に(2017年8月、週刊エコノミスト)
  • 「データヘルス計画」で社員の健康増進と健康経営を目指す(2016年10月、週刊ダイヤモンド) 

論文

  • 食肉由来の寄生虫感染による健康被害の半定量的リスク評価手法の開発(2014年12月、食品衛生研究)
  • ブロイラーのフルオロキノロン耐性Campylobacter定量的リスク評価の試み(2014年12月、日本カンピロバクター研究会) 

出版物著作

執筆コラム・レポート

調査・コンサルティング・ソリューションサービスや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。