研究員紹介

宮下 浩一

特命リーダー/博士(工学)

宮下 浩一

みやした こういち

スマート・リージョン本部先進モビリティグループ

ITS・自動運転分野や無線通信分野のお客さまを中心に、新たな技術の研究開発支援や実証実験、データ分析の支援、事業開発支援を担当しています。
多くのステークホルダーの皆さまと協調・連携して、よりよい社会インフラ・システムの構築、新たなビジネス展開をご支援して参ります。

得意とする分野

  • ITS・自動運転分野の研究開発支援、実証支援
  • 無線通信分野の研究開発支援、実証支援
  • 道路交通・インフラ分野の施策立案、実行支援
  • コネクティッドサービスに関する戦略立案

主な業務実績

  • 自動走行システム向けのインフラ協調システムに関する研究開発(内閣府、NEDO)
  • 信号交差点への5G置局に関する研究開発・実証(総務省、警察庁)
  • コネクティッドサービスに関する組織立上げ・サービス展開・サービス運営支援(自動車メーカー)
  • 情報セキュリティの分析・検討(インフラ事業者)
  • 次世代の路車協調システムに関する検討(国土交通省)

主な社外活動実績

  • 東京大学空間情報科学研究センター 特任研究員(2019年9月まで) 

主な情報発信活動実績

論文

  • A Study of Specifications for Providing Lane-Level Traffic Information in Dynamic Maps(2019年3月、SIP-adus‛s Research & Development Results Report)
  • 自動走行システム向けダイナミックマップの試作・評価(2019年1月、電子情報通信学会)
調査・コンサルティング・ソリューションサービスや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。