研究員紹介

佐々木 康浩

博士(工学)

佐々木 康浩

ささき やすひろ

キャリア・イノベーション本部事業創造グループ

長らくシンクタンカーとしてさまざまな調査研究に携わってきました。その後、民間企業のコンサルを手掛けるようになりました。介護保険やITSSの普及、ペルソナの考え方やRPAの有用性の啓発など、民間への導入をコンサルテーマとしてきました。今は、HR領域のTechによる社会課題解決に力点を置いています。

得意とする分野

  • 事業戦略の立案、RPAなどを活用した業務効率化支援
  • ペルソナを活用した新商品・サービス開発支援
  • 専門職のスキルの見える化など、組織の人財戦略立案
  • AIを活用したデジタルイノベーションの推進
  • アスリートのセカンドキャリア支援

主な業務実績

  • 働き方改革デジタル活用支援業務(保険会社)
  • 新技術を活用した業務改革ロードマップ策定支援(クレジット会社)
  • 組織進化に向けたDX導入プラン策定コンサルティング(不動産業)
  • 会計業務のRPAによる効率化支援(学校法人)
  • 自社版スキルスタンダード構築支援(道路系メンテナンス会社)
  • 次世代リーダーの育成支援(重工業)
  • 人材マップの活用支援(製造業の情報子会社)
  • 新人事制度に対応した研修体系の構築(公益企業の情報子会社)
  • 大学・高専における数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度創設に向けた調査(内閣府)
  • 自動走行に関するソフトウェアスキル標準策定に係る調査(経済産業省)

主な社外活動実績

学会活動

  • 一般社団法人 経営情報学会(正会員)、ペルソナ&カスタマ・エクスペリエンス学会(理事)

委員会委員

  • 一般社団法人 研究産業・産業技術振興協会「攻めの経営を支える業務システム構築に関する戦略策定」委員会(委員)、2017年3月まで

NPO活動

  • 特定非営利法人スキル標準ユーザー協会(認定シニアコンサルタント)

大学講師

跡見学園女子大学 非常勤講師(ビジネス倫理、リスクマネジメント論、広報マネジメント)

主な情報発信活動実績

講演・セミナー

  • RPA導入の留意点と最大限に活用するために考慮すべき点(2019年2月、金融ニュービジネス&テクノロジー研究会)
  • RPAとチャットボットで進める営業プロセス改革(2017年5月、当社セミナー)
  • RPAで進化するホワイトカラーの働き方改革(2017年3月、当社セミナー)
  • デジタル時代の顧客理解のペルソナ・マーケティング(2015年4月、第38回mifセミナー)
  • 企業におけるIT利活用の現状と課題(2015年2月、文教大学大学院情報学研究科 情報学学術交流フォーラム)

寄稿

  • 業務ロボで「働き方改革」(2018年10月10日、読売新聞)
  • RPA デジタル変革の入り口に(2018年7月30日、日刊工業新聞)
  • RPA さらなる業務改革を実現(2018年7月号、金融ジャーナル)

論文

  • Uncovering the Competency of Middle Managers in Different Business Environments: A Knowledge Management Perspective(2016年7月、11th International Conference, KMO2016, Hagen, Germany, July 25-28, 2016, Proceedings, ACM.)
  • 組織に固有な職場リーダーの能力要件を可視化する方法の研究(2016年3月、東京工業大学理工学研究科、博士論文)
  • IT組織における職場リーダー像の系統的な導出(2016年3月、SEC journal)
  • テレワーク成熟度モデルの提案-「ワークスタイル変革」に取り組む日本企業の現状考察-(2016年3月、経営情報学会誌)

出版物著作

  • 実践ペルソナ・マーケティング(共著、2014年3月、日本経済新聞出版社) 

執筆コラム・レポート

調査・コンサルティング・ソリューションサービスや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。