研究員紹介

奥村 拓史

博士(経済学)

奥村 拓史

おくむら ひろし

イノベーション・サービス開発本部地域DX事業部

業務実績

  • 「デジタル地域通貨の社会実験にかかる共同研究」
  • 「医療情報を用いたAIの研究」
  • 「匿名化アルゴリズムおよび匿名化データ分析手法に関する研究」 

社外活動実績

  • 日本統計学会、日本金融学会、情報処理学会、日本医療情報学会
  • 仮想地域通貨「近鉄ハルカスコイン」社会実験の結果と今後について(2018年3月、進化経済学会)
  • 医業未収金について新たな方策(2017年11月、医療情報学連合大会) 

情報発信活動実績

講演・セミナー

  • キャッシュレスで地域経済を元気に(2018年3月、まちづくり松山)
  • ブロックチェーン技術の動向と社会インパクト(2017年12月、三菱マーケティング研究会 特別研修部会)
  • ブロックチェーン技術の活用例とその可能性(2017年10月、三菱CC研究会)
  • 近鉄「あべのハルカス」仮想地域通貨~実証経過報告 —地域活性化イノベーションプラットフォームを確立(2017年9月、不動産経済研究所) 

論文

  • Privacy-Preserving Publication of Deep Neural Networks(Proc. 2nd IEEE International Conference on Data Science and Systems,2016年12月)
  • Anonymization of Sensitive Quasi-Identifiers for l-diversity and t-closeness(IEEE Transactions on Dependable and Secure Computing to appear 2017年)
  • クレジット・スコアリング・モデルの高度化に関する研究-ロジット・モデルと拡張階ベイズモデルの判別力比較-(2013年、パーソナルファイナンス学会) 

出版物著作

その他

執筆コラム・レポート

調査・コンサルティング・ソリューションサービスや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。