研究員紹介

小津 宏貴

小津 宏貴

おづ ひろき

スマート・リージョン本部先進都市インフラグループ

都市政策について、ヒト、モノ、コトの統合的な観点からソリューションを検討し提案、実現することをモットーとしています。

得意とする分野

  • 地域創生分野(人材循環、全世代活躍、医療福祉)の調査、戦略立案、施策効果把握
  • DX型都市開発、スマートシティ事業のコンセプト検討
  • 統計調査・解析

主な業務実績

  • 集合住宅等における既存資源活用型の介護機能構築(宮城県)
  • 全世代活躍まちづくりの推進に関する調査研究事業(内閣官房)
  • 法人土地・建物基本調査(国土交通省)
  • 地域医療福祉拠点化施策の効果把握・評価手法検討業務(独立行政法人都市再生機構)
  • 関係人口モデル事業効果検証(総務省)
  • 2025年日本国際博覧会基本計画策定調査業務
  • 都市開発、スマートシティ事業検討業務

主な社外活動実績

学会活動

  • 日本建築学会 会員
  • 日本福祉のまちづくり学会 会員

主な情報発信活動実績

寄稿

  • 「潜在的」関係人口としての会社員(2020年2月、地域開発)

論文

  •  車椅子利用者が入居可能な障害者グループホームに関する研究(2019年12月、日本建築学会計画系論文集)

出版物著作

調査・コンサルティング・ソリューションサービスや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。