研究員紹介

東野 恒之

東野 恒之

ひがしの つねゆき

ヘルスケア&ウェルネス本部健康・医療グループ

国民皆保険制度がある日本には、1億2千万人の病名や医療行為が記載されたレセプトが電子データで存在します。この世界最大級のヘルスデータを分析することにより、医療政策立案、医療と介護の連携、疫学研究等、大きな成果が期待できます。しかしレセプトの分析には医学的知見に加え診療報酬請求の事務知識やデータベースハンドリングのノウハウなどさまざまな職能が必要とされます。当社では医科大学の研究者と連携しながら、DB構築、正規化、BigData分析環境整備等を通してレセプト分析を推進しています。

得意とする分野

  • NDBにおける患者突合の精度向上
  • NDBを用いた死亡アウトカムの追跡
  • 医療レセプトと介護レセプトの連携分析
  • NDBを用いた百寿者研究

主な業務実績

  • 地域医療構想・医師偏在対策推進支援事業
  • 病床機能情報収集
  • 循環器班支援
  • 難病DB班支援
  • 血友病班支援
調査・コンサルティング・ソリューションサービスや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。