研究員紹介

鞆田 健

鞆田 健

ともだ たけし

フロンティア・テクノロジー本部フロンティア戦略グループ

航空・無線通信分野における新技術(高高度擬似衛星、無操縦者航空機等の次世代航空機、電波監視技術等)を安全かつ効果的に社会実装するため、官公庁における法制度整備支援や民間における研究開発の支援を実施しています。また、航空関連の国際標準化機関にも参加し、日本技術の標準化にも従事しています。

得意とする分野

  • 電波(無線通信)行政
  • 航空行政
  • 国際標準化戦略

主な業務実績

  • 無人航空機の第三者上空の飛行に関する安全性の要件等に関する検討調査(国土交通省)
  • 無人航空機システムの電波利用技術の国際協調に向けた国際機関等との連絡調整事務(総務省)
  • 次世代航空機の社会実装に向けた環境整備に関する検討調査(国土交通省)
  • 移動通信システムと他の無線システムとのダイナミックな周波数共用に関する調査検討(総務省)
  • 高高度無人機に関する研究開発支援(民間)
  • 次世代の電波監視システムの構築に関する調査検討(総務省)
  • 宇宙電波監視施設の更改に係る技術支援(総務省)

主な情報発信活動実績

講演・セミナー

  •  ICAO RPASPにおける標準化動向(2020年5月、日本無操縦者航空機委員会)

論文

  •  無人航空機システム制御用通信の国際標準化動向(2019年2月、電子情報通信学会)

執筆コラム・レポート

調査・コンサルティング・ソリューションサービスや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。