研究員紹介

久郷 明秀

博士(エネルギー科学)

久郷 明秀

くごう あきひで

セーフティ&インダストリー本部原子力システム安全グループ

原子力エネルギー事業分野、政策策定分野のお客さまを中心に、技術と社会科学の双方の視点からソリューションを提供するよう心がけています。

得意とする分野

  • 安全文化、組織文化の分析
  • 人材育成/教育分野の企画実施
  • 運転経験トラブル情報の分析
  • 海外原子力政策動向の分析
  • エネルギー分野の技術動向の分析

主な業務実績

  • 原子力の安全性向上を担う人材の育成事業(原子力産業経営幹部候補研修)
  • 廃炉・汚染水対策事業事務局運営業務

主な社外活動実績

学会活動

  • 日本原子力学会 監事
  • 日本原子力学会 フェロー
  • 日本原子力学会海外情報連絡会運営 委員、論文誌編集委員

委員会委員

  • OECD/NEA 原子力施設運営委員会WG 委員

NPO活動

  •  シンビオ社会研究会 理事(現在は一般会員)

主な情報発信活動実績

講演・セミナー

  • Licensees Activities for Nuclear Safety:Organizational Culture and Leadership(2018年7月、ISSNP プレナリー講演)
  • 原子力安全のための組織文化と技術者倫理(2018年9月、日本原子力学会倫理研究会)
  • Crisis Management Training provided by JANSI(2018年10月 国際シビアアクシデントマネジメント大会)
  • Aiming to build a Robust Organizational Culture for Nuclear Safety to learn from Operating Experience(2019年7月、国際先端材料科学エネルギー大会)
  • 福島第一事故をシステミックに捉えて教訓を抽出する(2019年10月、シンビオ社会研究会研究談話会)
  • 強固な組織文化の構築(2019年11月INSS定期講演会)
  • 組織は安全文化とどう向き合うか(2019年11月、北海道大学文理融合セミナー)
  • 安全規制ー不確かさへのアプローチー(2020年5月、北海道大学公共政策大学院文理融合政策事例研究会)

寄稿

  • 組織文化に根差す原子力安全の課題(2018年1月、日本原子力学会誌)
  • 不確実なリスクに備える組織文化(2019年8月.原子力学会誌)

論文

  •  Nucelar Licensees Activities in Japan for Mindfulness of Nuclear Safety(2019.9,Modern Environmental Science and Engineering,Volune 5 Number 9)

出版物著作

  • 環境社会学の視点と論点 (2004年6月、山海堂)
  • HOPS分離融合ルネッサンスー先端的政策課題のゆくえー(2020年9月、北海道大学公共政策大学院)

テレビ出演

  • 原発見えてきた課題(2016年7月、NHK ニュースウオッチ9)
  • 原発再稼働 問われる危機対応力(2016年7月、NHK おはよう日本)
  • 原発再稼働 (2014年8月、NHK クローズアップ現代)
調査・コンサルティング・ソリューションサービスや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。