AI開発・研究で業務・資本提携
~MUFGの子会社JDD内のMUFG AI Studio新設にあわせ~

三菱総合研究所
2018.04.27

MRIニュース

株式会社三菱総合研究所(代表取締役社長:森崎孝、以下「MRI」)とJapan Digital Design株式会社(代表取締役CEO 上原高志、以下「JDD」)は、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)独自の人工知能(AI)モデルの開発・研究を目的に、業務・資本提携を行うことといたしました。JDD内にMUFG AI Studio(以下「M-AIS」)が新設され、MUFG内外の資源を活用した独自のAIモデルの開発・研究・実装が進められることに合わせ、MRIは共同研究パートナーとしてM-AISと協業してまいります。

1. 背景

産業・社会のデジタル化が進むなか、AIの活用範囲も急速に拡大しています。特に、膨大なデータを保有する金融機関でのAI活用は、金融ビジネスにイノベーションをもたらすと期待されます。

MRIは、社会課題解決とAI活用を組み合わせた新事業開発を積極的に進めています。人財、健康、地域などのさまざまな分野での活用が進んでいますが、金融分野(Fin-tech)では、リテール与信、顧客行動予測、取引判断、スコアリングなどで実績を上げています。

2. 業務・資本提携の概要

JDDは、MUFG独自のAIモデルの開発・研究・実装を進めることを目的とするM-AISを新設します。これに合わせて、MRIはJDDと業務・資本提携を行い、共同研究パートナーとしてM-AISと協業を進めます。既に実績のある事業領域をベースに、協業の範囲を広げていく予定です。

<参考:M-AISの概要>

既存の金融業界の働き方や考え方にとらわれない人材を内外から招集し、AIモデルの開発・分析を進めるため、MUFG内で柔軟な働き方を採用しているJDDにM-AISが新設されます。外部研究機関との共同研究や国内外AIベンチャーとの協働を通じて最先端技術を取り込み、国際学会での発表も視野に、金融サービスの向上と社会的課題の解決に向けたサービスの提供を目指しています。

【M-AISの取り組み内容】
分野 研究・開発内容
金融 金流分析スコアリング 法人間決済から法人-個人間の資金の流れを巨大グラフにモデル化
市場取引 ニュース・イベント活用の市場取引AI判断モデルの学習・判断超高速化
経営 顧客行動予測・マーケティング 顧客行動履歴から将来の行動を予測、マーケティングに応用
人事 ハイパフォーマーの暗黙知やノウハウを学習し従業員全体に伝達するなど金融業務に特化したHR Techサービス
お問い合わせ先

株式会社三菱総合研究所
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号

【内容に関するお問い合わせ】
金融イノベーション本部 榎本、河内
電話:03-6705-6049 メール:ai-studio@ml.mri.co.jp

【取材に関するお問い合わせ】
広報部 吉澤、渋谷、角田
電話:03-6705-6000 メール:media@mri.co.jp


ページトップへ戻る