「介護サービスにおける情報通信技術活用実証研究事業」の採択について

三菱総合研究所
2018.03.20

株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森崎孝)では、厚生労働省「介護サービスにおける情報通信技術活用実証研究事業」の一環として、居宅介護支援事業所と居宅サービス事業所間のICTによる情報連携に関する実証事業を行う事業実施主体を採択いたしました。

1. 本事業の概要

本事業は、「異なる事業所間」での情報連携による業務効率化を念頭に実施します。その上で、

  • ①居宅介護支援事業所と居宅サービス事業所間のICTによる情報連携に関するモデル事業を行い、業務の効率化に関する効果を検証するとともに、
  • ②①の実証事業の中で把握された事業所間での情報連携上の課題の抽出

を行うことを目的として実施します。

2. 採択事業者

上述の事業目的に鑑み、下記の事業者を本実証事業の事業実施主体にいたします。本事業の事業実施主体の事業所には、事務局より審査結果について個別に通知します。

事業者名対象地区
株式会社エス・エム・エス 千葉県および東京都
株式会社日本ケアコミュニケーションズ 神奈川県
静岡県
株式会社ワイズマン 東京都
エヌ・デーソフトウェア株式会社 千葉県
北海道
お問い合わせ先

株式会社三菱総合研究所
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号
ヘルスケア・ウェルネス事業本部内
「介護サービスにおける情報通信技術活用実証研究事業」事務局
担当:黄(ファン)・髙野・川邊
メール:kaigoict@ml.mri.co.jp


ページトップへ戻る