「地層処分に係る社会的側面に関する研究」の採択について

三菱総合研究所
2018.12.21

株式会社三菱総合研究所では、原子力発電環境整備機構(以下、「機構」という。)から委託を受けた「地層処分事業に係る社会的側面に関する調査研究支援の運営」事業(以下、「本事業」という。)の一環として、「地層処分に係る社会的側面に関する研究」の募集(2018年10月1日(月)~同年11月9日(金))を行い、10件の応募をいただきました。
その後、「平成30年度・31年度地層処分事業に係る社会的側面に関する調査研究支援事業運営委員会」の審査により7件の研究を採択し、支援に向けた手続きを進めてまいりましたが、本日12月21日までに下記の6件の手続きが整いましたので、公表いたします。
残りの1件につきましては、手続きが整い次第、順次公表してまいります。

なお、本事業によってとりまとめられた研究成果を広く社会のみなさまにお知らせするため、2019年9月に成果報告会を開催する予定としております。詳細につきましては、2019年8月上旬頃に機構および当社のWEBページでお知らせいたします。

本事業の詳細については「応募要領」 をご覧ください。

採択研究一覧

研究代表者 研究代表者の所属機関 研究件名
秋吉美都 専修大学 人間科学部 信頼の形成に向けて──日本版Citizen Advisory Boardの可能性の探究
萱野貴広 静岡大学 教育学部 Argumentによる合意形成プロセスモデルの授業デザインと実践
野波 寬 関西学院大学 社会学部 地層処分をめぐる多様な人々の合意を目指す段階的・協調的アプローチの提唱:社会心理学の知見にもとづく多角的検証
小松崎俊作 東京大学 大学院工学系研究科 事業プロセスに応じたリスクコミュニケーション施策の検討と実証的影響分析
高嶋隆太 東京理科大学
理工学部経営工学科
高レベル放射性廃棄物地層処分の経済的価値と社会的受容性の関係
松岡俊二 早稲田大学
総合研究機構レジリエンス研究所
高レベル放射性廃棄物(HLW)の地層処分をめぐる社会的受容性と可逆性

第二回 平成30年度・31年度地層処分事業に係る社会的側面に関する調査研究支援事業 運営委員会 開催結果

  • ■日 時:平成30年11月22日(木)14:50~17:00
  • ■場 所:株式会社三菱総合研究所会議室
  • ・議事次第
  • ・委員名簿
  • ・席次表
  • ・前回議事録
  • ・応募研究計画書・経費内訳書一式(非公開
  • ・事前総合評点結果まとめ(非公開
  • ・事前評価結果個別票(非公開
  • ・採択・不採択通知様式案
  • ・採択結果公表ページ案
  • ※応募いただいた研究計画書には研究者のノウハウが含まれているほか、個別評価の詳細については、公開されることで申請団体の正当な利益が害される可能性があるため、非公開と致しております。

第一回 平成30年度・31年度地層処分事業に係る社会的側面に関する調査研究支援事業 運営委員会
開催結果はこちら

お問い合わせ先

株式会社三菱総合研究所
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号
原子力安全事業本部内
「平成30年度・31年度地層処分に係る社会的側面に関する研究支援事業」運営事務局
(担当:柳川、白井、吉永、瀧川、品川)
電話:03-6705-6081(2019年9月以降は03-6858-2713に変わります)
メール:bosyu_hlw_socio@ml.mri.co.jp


ページトップへ戻る