スタートアップ企業の“睡眠コーチングサービス”実証実験に協力

三菱総合研究所
2017.03.21

MRIニュース

株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森崎孝、以下「MRI」)は、株式会社O:(オー)(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:谷本潤哉、以下「O:」)が提供する「不眠症に対する認知行動療法(CBT-i)(注)」のメソッドを組み込んだ「睡眠コーチングサービスO:」の実証実験(4月1日開始)に協力します。

現在、成人の5人に1人、日本国内だけでも約2000万人が睡眠に何らかの問題を抱えており、そのうち睡眠導入剤の服用者は500万人とも言われています。睡眠導入剤の依存性や副作用に対する不安感は服用者に根強くあり、睡眠導入剤とは異なる、副作用がない療法への期待が高まっています。その1つに「不眠症に対する認知行動療法(CBT-i)」があります。CBT-iは不眠治療の有効性が認められ、世界中の睡眠医療の臨床現場で行われているプログラムです。

しかし、日本では保険適用外のため実施費用が高額であること、また、専門家数が少なく受診可能機関に限りがあるなどの課題があります。

「睡眠コーチングサービスO:」はこの課題を解消することを目的としたサービスです。CBT-iメソッドのうち、睡眠スケジュール法と睡眠衛生教育を主軸としたサービスに特徴があります。

MRIはO:が実施する「睡眠コーチングサービスO:」の実証実験に協力し、働く人に対する「効果計測」が可能であるかを確認します。

主な協力内容
実証実験期間中、O:から提供されるアプリを用いた本サービスのトライアル実施。
実証実験後、サービス全般に対する主観的な評価をアンケートにより取得。

(注)CBT-i:Cognitive Behavioral Therapy for Insomnia

お問い合わせ先

株式会社三菱総合研究所
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号

【内容に関するお問い合わせ】
オープンイノベーションセンター 松田
電話:03-6705-6033 メール:incf@mri.co.jp

【取材に関するお問い合わせ】
広報部 吉澤、渋谷、角田
電話:03-6705-6000 メール:media@mri.co.jp


ページトップへ戻る