デジタル地域通貨「近鉄ハルカスコイン」の実用化に向け、大阪市、地元商店会と連携して第2回社会実験を実施
~あべの・天王寺エリアに利用範囲を拡大~

三菱総合研究所
2018.09.07

ニュースリリース

近鉄グループホールディングス株式会社
株式会社三菱総合研究所

近鉄グループホールディングス株式会社(本社:大阪市天王寺区、代表取締役社長:吉田 昌功、以下「近鉄」)と株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森崎 孝、以下「MRI」)は、ブロックチェーン技術を活用したデジタル地域通貨「近鉄ハルカスコイン」の実用化に向け、大阪市、地元商店会と連携して第2回社会実験を実施します。このデジタル地域通貨は、お客さまが自らのスマートフォンを使って簡単にお支払いできるもので、現在、国が掲げる「キャッシュレス社会」の実現を推進していくものです。

今後、近鉄とMRIは、社会実験の成果をもとに、ブロックチェーン技術にさまざまなサービスを付加した、地域創生に資するイノベーションプラットフォームの確立を共同で図ります。さらに、このプラットフォームを全国の企業や自治体などに積極的に提供していく予定です。

(1) 第2回社会実験概要

①期間: 10月1日(月)から12月10日(月)まで、2カ月以上にわたり実施します。
②参加施設: 利用可能施設数が前回より大幅に増加します(200店舗から約400店舗に増加)
  • あべのハルカス:近鉄百貨店、あべのハルカス美術館、ハルカス300(展望台)、Hoop、あべのand
  • 周辺テナントビル等:きんえいアポロビル・ルシアスビル、あべのアポロシネマ、てんしば
  • 大阪市:大阪市立美術館、天王寺動物園
  • 商店会:あべの巴通り商店会、阿倍野筋一丁目東商店会
③参加者: 約165万人のKIPS会員(※)のうち希望者全員(期間中に入会いただいた方も対象です。)
④通貨発行: 現金+期間限定プレミアム10%(1コイン=1円相当)

※現金は千円単位で、10万円までチャージ可能

⑤機能拡充:
  • 固定QRコード決済方式の追加
  • 鉄道用の自動券売機を活用したコインチャージ機の試験運用
  • 期間限定プレミアムの付与
  • 参加者同士によるコインの受け渡し(個人間譲渡)
  • 期間中、いつでも実験参加が可能
※来年度中の本格実施を見据え、準備を進めます。
photo

(2) 実験に協力する会社

本実験では、お客さまの利便性向上に関する検討について株式会社三菱UFJ銀行と協力して進めるとともに、プラットフォームの開発・運用については三菱総研DCS株式会社、チャージ機の試験運用についてはオムロン ソーシアルソリューションズ株式会社がそれぞれ開発パートナーとして参画します。また、ブロックチェーン技術の開発については株式会社chaintopeの協力を得ています。

※近鉄グループホールディングス㈱が提供するグループポイントサービスを利用するカード(KIPSカード)の会員

本件に関するお問い合わせ先

【社会実験に関するお問い合わせ】
近鉄グループホールディングス株式会社 事業開発部 林
電話:06-6775-3645

【システムに関するお問い合わせ】
株式会社三菱総合研究所 社会ICTイノベーション本部 奥村
電話:03-6705-6058 メール:kg-coin@ml.mri.co.jp


ページトップへ戻る