AIスタッフ総合案内サービスのLINE版実証を開始
~公共施設やごみ分別案内サービスの追加、多言語対応も検討中

三菱総合研究所
2019.02.12

MRIニュース

株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森崎孝、以下「MRI」)は、日本ビジネスシステムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:牧田幸弘)、株式会社アイネス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森悦郎)とともに、2019年2月1日より、神奈川県相模原市の協力を得て、自治体からの要望が多かった、AIスタッフ総合案内サービスLINE版の実証を開始しました。

1. 背景・経緯

2. 現状

AIスタッフ総合案内サービスは、2019年2月4日現在、次の10自治体に無料お試しサービスをご利用いただいています。

埼玉県戸田市、神奈川県相模原市、石川県金沢市、静岡県三島市、静岡県袋井市、
愛知県豊橋市、愛知県南知多町、滋賀県大津市、広島県広島市、熊本県宇土市

この中から、相模原市にご協力いただき、2019年2月1日から、LINE版の利用実証を開始しました。他の複数の団体でもLINE版の実証を検討中です。

3. 今後の予定

LINE版は、今回の実証結果を検証の上、2019年4月からAIスタッフ総合案内サービスのオプションサービスとして提供する予定です。
AIスタッフ総合案内サービスは、現在、子育て、住民票、国民年金など31分野の問い合わせに対応しています。今後も対応分野の拡大や内容の充実を図っていくとともに、2019年10月から以下のオプションサービスを順次、開始する予定です。

  • ■現在検討中のオプションサービス
  • ・公共施設案内(利用自治体ごとの情報サービス)
  • ・ごみ分別案内(利用自治体ごとの情報サービス)
  • ・多言語対応など

関連リンク

AIを活用した住民問い合わせ対応サービスの試用を戸田市で開始~戸田市公式サイトを訪れる住民の情報検索や問い合わせを補助(2019.03.06)

AIを活用した住民問い合わせ対応サービスの実証を大津市で開始~住民の利便性向上などを検証~(2019.03.06)

AIを活用した住民問い合わせ対応サービスの実証を三島市にて開始~市民サービスの向上や行政事務の効率化に対するAI活用の可能性を検証~(2019.02.12)

AIを活用した住民問い合わせ対応サービスの実証を相模原市にて開始~新たな住民サービスの提供について検証~(2019.02.07)

AIによる住民問い合わせ対応サービスを提供開始~鍵は行政情報の標準化~(2018.09.04)

持続可能な地域づくりを支える「Region-Tech」(MRIマンスリーレビュー 2018年10月号)

お問い合わせ先

株式会社三菱総合研究所
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号

【内容に関するお問い合わせ】
社会ICTイノベーション本部 「AIスタッフ総合案内サービス」事務局 村上、青木、中川
電話:03-6858-0306 メール:ai-info-ml@ml.mri.co.jp

【取材に関するお問い合わせ】
広報部
電話:03-6705-6000 メール:media@mri.co.jp


ページトップへ戻る