三菱総合研究所、シマントとデータ分析サービスの開発検討で合意

三菱総合研究所
2019.03.18

MRIニュース

1. 背景・経緯

AI導入・業務活用やビッグデータ活用に効果的に取り組むには、マーケティング戦略などの目的に合致した分析や、その分析結果を踏まえた高速PDCAによる改善が重要です。しかし、PDCAサイクルを高速で回していくためには、分析に活用するデータの取得・加工、試行の迅速な実現など解決すべき多くの課題があります。

これまでMRIは、デジタル化の加速に対応すべく、AI導入・業務活用やビッグデータ活用の上流領域を中心にコンサルティングを行ってきました。また、シマントはデータベースマネジメントシステム「SImount BOX(シマントボックス)」を活用したデータ分析環境整備を中心に活動してきました。「SImount BOX」は、従来型のデータベース構造とは異なる処理方法(マルチバリューデータベース=結合処理が少なく、検索の高速化、ハードウェアコスト抑制が可能な構造を持つ)とデータファイルの超高速読み込みが可能で、かつ導入も容易なシステムです。

2. 協業検討の内容

MRIとシマントは、データ活用戦略策定とマネジメント体制の構築、およびデータ活用の環境整備を組み合わせた「データ分析サービス」の開発検討に着手します。このサービスでは、MRIの持つコンサルティングノウハウと、シマント社の「SImount BOX」を融合させ、業務データベースの乱立やファイルの散在など、サイロ化した情報資産を有するお客さまに対して、IT投資の抑制、効果の最大化、導入の迅速化といった価値を提供します。

3. 今後の予定

本協業コンセプトに基づく具体的なサービス内容を2019年6月末までに固めた上で、業務提携契約の締結を予定しています。

○株式会社シマント概要

 代表取締役 和田怜
 設立年月日 2014年8月8日
 資本金 67,403,500円(資本準備金33,501,750円含)
 所在地 東京都文京区小石川一丁目28番3号
 事業内容 マルチバリューデータベース製品SImount BOXの販売と導入支援

【参考:想定サービスの概要】

本協業で事業化を検討する「SImount BOX」を活用した「データ分析サービス」では、「SImount BOX」を用いて短期間でデータベースを構築し、検証・試行を早期に、かつ継続的に実現することを企図しています。検証・試行の結果、そのまま実運用を行う場合には、IT投資を大幅に抑制することができます。また、必要によりDWHを構築する場合も、明確な効果に基づく投資を行うことが可能です。

図:MRIの提供価値

お問い合わせ先

株式会社三菱総合研究所
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号

【内容に関するお問い合わせ】
コンサルティング部門 社会ICTイノベーション本部 中西、林
電話:03-6858-2630 メール:siu-contact-ml@ml.mri.co.jp

【取材に関するお問い合わせ】
広報部
電話:03-6705-6000 メール:media@mri.co.jp


ページトップへ戻る