電力フォワードカーブの配信サービスを来月より開始

三菱総合研究所
2015.12.10

プレスリリース

株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大森京太)は、国内の卸電力市場の価格指標ならびに関連情報を提供・配信するサービス「MPX」(商標登録出願中)を開始します(「MPX」は“MRI※1 Power Price Index”の略称です)。第一弾として、2016年1月末に、卸電力取引の価格指標となる電力フォワードカーブの配信サービスの開始を予定しています。

わが国では2016年より電力小売事業の全面自由化が実施されるとともに、卸電力市場の活性化を図るために電力先物市場の開設が検討されています。電力市場関係者がヘッジなどを目的に取引に参加するためには、価格指標、燃料価格の動向、電力の需給環境など、取引の参考となる多様な情報が必要とされます。それらの中で電力フォワードカーブは取引価格の参照指標となる、最も重要なものです。

三菱総合研究所では、欧州の電力市場で電力フォワードカーブの作成、構築に豊富な知見と経験を持つオランダKYOS Energy Consulting B.V.(以下「KYOS社」)と共同で、日本での電力フォワードカーブの作成方法について研究を重ねてまいりました。このたび、同社と提携の下、わが国において初めて※2となる1時間ごとの電力フォワードカーブの配信サービスを開始することとしました。

サービス開始当初は、日本全体の卸電力価格(システムプライス)に対する1時間ごとと月平均のフォワードカーブを提供します。将来的には地域ごとの卸電力価格(エリアプライス)、地域間の価格差(エリアスプレッド)、燃料と電力の価格差(スパークスプレッド)など、多様なヘッジニーズに対応したサービスに拡充していく予定です。

<KYOS社の概要>
代表者:Dr. Cyriel de Jong
所在地:Nieuwe Gracht 49, Haarlem, The Netherlands
設立:2002年
事業内容:エネルギー取引に関するシステム開発、コンサルティング
ウェブサイト:http://www.kyos.com

※1:MRIは、当社社名の英文表記 “Mitsubishi Research Institute, Inc.” の略称です

※2: 当社調べ

お問い合わせ先

株式会社三菱総合研究所
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号

【内容に関するお問い合わせ】
環境・エネルギー研究本部 芝
電話:03-6705-6042 ファクシミリ:03-5157-2146 メール:mpx-ml@mri.co.jp

【取材に関するお問い合わせ】
広報部 上岡、瀬戸口
電話:03-6705-6000 ファクシミリ:03-5157-2169 メール:media@mri.co.jp


ページトップへ戻る